NEW

麻雀RTDリーグ「2018」出場メンバー決定!ついに「カイジ」萩原聖人参戦でサイバーエージェント藤田晋社長がまさかの……

【この記事のキーワード】, ,

 2016年の第1シーズン放送からプロ麻雀界にセンセーショナルを巻き起こしている『藤田晋invitational RTDリーグ』(AbemaTV)は現在、最も高い注目を集める日本最高峰のトップリーグだ。

 株式会社サイバーエージェント代表取締役社長の藤田晋が、麻雀プロ団体の垣根を越えて14名のトッププロ招集。自らも戦列に加わり、約1年間に及ぶ長期リーグ戦が行われる。

 第1シーズンの優勝者・多井隆晴(RMU)をして「優勝したことで人生が変わった」と言わしめるほどの巨大な影響力と注目度を誇る『RTDリーグ』は今や、従来の麻雀イベントの領域を超越したビッグコンテンツと述べても何ら過言ではないだろう。プロ麻雀界はこの『RTDリーグ』を中心として、歴史的革命の時代に突入している。

 今年1月1日から放送された『元日から27h麻雀生放送 新春RTD駅伝』は、50万を超える視聴者数を記録。今や麻雀はやるよりも「観る」時代なのか、1つのエンターテインメントとしてJリーグやプロ野球、競馬といったスポーツ中継を観戦するように麻雀のトッププロがしのぎを削る「知的ゲーム」を楽しむ人が年々増加している。

 そういった中、2日、第3シーズンにあたる『RTDリーグ 2018』の出場メンバーがAbemaTV麻雀チャンネルの公式twitter上で発表され、早くも大きな反響を呼んでいる。出場選手は以下の通りだ。

「BLACK DIVISION」

内川幸太郎(日本プロ麻雀連盟)
多井隆晴(RMU)
小林剛(麻将連合)
白鳥翔(日本プロ麻雀連盟)
瀬戸熊直樹(日本プロ麻雀連盟)
【New】萩原聖人(俳優)
【New】松本吉弘(日本プロ麻雀協会)
村上淳(最高位戦日本プロ麻雀協会)

麻雀RTDリーグ「2018」出場メンバー決定!ついに「カイジ」萩原聖人参戦でサイバーエージェント藤田晋社長がまさかの……のページです。GJは、麻雀、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 麻雀
  • 総合
  1. 萩原聖人「95%は辞めるつもりだった」Mリーグ「引退」について告白……歴史的大敗からの逆襲のカギは原点回帰。今一度考えるべき「雷電の麻雀」とは
  2. 多井隆晴×瀬戸熊直樹「最強位」のMリーグ対談! 禁断の「お前、ダサかったなあw」で号泣・多井がまさかのV字復活!? TEAM雷電「逆転ファイナル」が現実的な2つの理由
  3. Mリーグ小林剛×黒沢咲、ついに初対談!「鳴くか、鳴かざるか」麻雀の永遠のテーマに迫る
  4. 多井隆晴×佐々木寿人、Mリーグ開幕直前「No.1対談」実現! 通算「+922.1pt」VS「+803.1pt」2大エースは何故勝てるのか……見えた「強者」の共通点
  5. Mリーグ赤坂ドリブンズ「逆転セミファイナル進出」への思い激白!「大進化」を振り返る丸山奏子、村上淳は復活のカギは「東家」? 副露王・園田賢が「声を大にして言いたい」こと
  6. 牌の質感や音までもリアルな麻雀
  7. 多井隆晴×松ヶ瀬隆弥、Mリーグ対談! 絶好調の「繊細なる超巨砲」は崖っぷちMリーガー!?「最低+200がノルマ」ビッグマウスの真意とは
  8. KONAMI麻雀格闘倶楽部・前原雄大「卒業」に秘められた思いを告白。「100m歩くのに10分もかかった」盟友・佐々木寿人にさえ明かさなかった満身創痍の3年間
  9. 多井隆晴「断固」ABEMAS宣言! 激動のオフシーズン滝沢和典「電撃退団」に白鳥翔が感じた「Mリーグに足りないもの」とは【渋谷ABEMAS全員集合インタビュー前編】
  10. 小林剛×多井隆晴が新設『Mリーグ』を語り尽くす! 何故「コバゴーは勝てるのか」麻雀のセオリーを覆す「正論」に驚愕!?
  11. 今、明かされるMリーグ2020白鳥翔・松本吉弘・日向藍子、それぞれの「涙」の理由。多井隆晴「5連闘」轟沈で、まさかの号泣終幕から2ヵ月【渋谷ABEMAS全員集合インタビュー後編】