NEW

キタサンブラック「現役復帰」余裕の坂路調教!? フェブラリーSでの「G1勝利新記録」の声まで噴出

【この記事のキーワード】, ,
17arima_kitasan11

 昨年暮れの有馬記念(G1)を制して、有終の美を飾ったキタサンブラック。引退後は種牡馬として活動予定。すでにシンジケートが組まれており、その金額も13億5000万円(1口2250万円で60口)といわれている。

 新たな道へ準備が着々と進行しているキタサンブラックだが、「まだまだ現役として通用する」と思っているファンは多いだろう。

 そんなはかない思いの一端を「日刊ゲンダイ」競馬公式Twitterが表した。1月2日にキタサンブラックが坂路調教を1本こなしたという。これはあくまでも1月7日に行われる京都競馬場での引退式に向けての調整だったそう。だが今回の坂路調教でも手綱を取り、長きにわたって調教を担当していた黒岩悠騎手は「抑えるのが大変なくらい元気いっぱいで」と同馬の状態を語り、さらに「有馬記念より良くなってるかも。ホント、金杯使えますよ(笑)」と冗談めかして話していたという。またキタサンブラックは翌日にも坂路入りをしたことが伝えられた。

 この現役さながらの姿に、ネット上では「元気すぎやろ!まだ走れる」「さすが史上最高最強馬」と賞賛の声があがり、さらには「金杯に出てほしい」と現役続行を願う意見やまた「フェブラリーステークス出てG1競走8勝目を!」とダートへ転向した上で、JRAのG1競走勝利数の新記録を目指してもらいたいなどの意見が噴出しているようだ。

「キタサンブラックはどちらかと言えば晩成の馬でしたので、5歳での引退は早すぎるという意見は早くから出ていました。ダート転向も大きな馬体と稀に見る不良馬場で行われた天皇賞・秋(G1)での走りを見れば適性があるでしょう。今回のように元気な姿が伝えられると『もう一度』という気持ちにファンがなるのも当然でしょう。本当に引退が惜しまれますよ」(記者)

 現役引退後もその走りでファンをわかせてくれたキタサンブラック。現役時代は歴代の名馬たちに匹敵する活躍を繰り広げてくれたが、今後は種牡馬としても同様の成績を残したいところだろう。これから誕生する産駒たちにかけられた期待は大きい。

 まずはどの牝馬に種付けが行われるのだろうか? 父に匹敵する成績を残す名馬の誕生を待ち望みたい。

キタサンブラック「現役復帰」余裕の坂路調教!? フェブラリーSでの「G1勝利新記録」の声まで噴出のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  2. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  3. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  4. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  5. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  6. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  7. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  8. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  9. JRAエピファネイア産駒の「早熟説」はどこまで本当なのか!? キズナとの比較に明白な違い…エフフォーリア、デアリングタクトに「反証」の期待
  10. JRA M.デムーロで「必勝態勢」春二冠女王と接戦を演じた実力馬が7番人気の珍事!? 1勝クラスで当然の勝利も、何故「10万馬券」決着となったのか