NEW

JRA池添謙一「美浦一時移籍」も消えない「アノ騎手」の影……勝負強さ発揮で戸崎圭太ら関東騎手も戦々恐々?

【この記事のキーワード】, ,
JRA池添謙一「美浦一時移籍」も消えない「アノ騎手」の影......勝負強さ発揮で戸崎圭太ら関東騎手も戦々恐々?の画像1

 JRA池添謙一騎手が、15日から一時的に拠点を美浦トレセンに移して活動することになったと「スポーツ報知」が報じた。

 昨年本サイトで「JRA池添謙一騎手に『移籍』疑惑が浮上!? 『エージェント外れる』情報を入手で、以前から囁かれた件とは(リンク)」でその可能性について触れたが、現実となった形だ。昨年は桜花賞をレーヌミノルで勝利したものの、その後は重賞勝利はなし。外国人騎手の台頭に押された部分もあるだろう。そんな中での「一時移籍」ではあるが……。

 池添騎手は美浦で藤沢和雄厩舎、大竹正博厩舎で調教のサポートをしながら、関東での依頼増加につなげようとしている。美浦で確たる地位を築く調教師のもとで学ぶものは多いに違いない。

 ただ、ここでもやはり「あのジョッキー」の名前がちらついている。

「藤沢厩舎といえば、昨年ソウルスターリングとレイデオロでオークス、ダービーを制したC.ルメール騎手と蜜月な関係を築いています。ルメール騎手への信頼が厚い社台グループの馬も多く管理していますし、ここでも有力馬は『ルメール優先』ということにはなるでしょう。それでも有力馬の取り合いが激しすぎる今の栗東よりはマシなのかもしれません。持ち前の勝負強さで信頼を勝ち取り、地盤を強くできるといいですね」(記者)

 勝負強さといえば、今やM.デムーロ騎手の代名詞になってしまったが、池添騎手の乾坤一擲の騎乗にも定評がある。オルフェーヴル三冠もファンの記憶に深く刻まれているところだろう。

JRA池添謙一「美浦一時移籍」も消えない「アノ騎手」の影……勝負強さ発揮で戸崎圭太ら関東騎手も戦々恐々?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  2. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  3. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  4. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  5. JRAエピファネイア産駒の「早熟説」はどこまで本当なのか!? キズナとの比較に明白な違い…エフフォーリア、デアリングタクトに「反証」の期待
  6. JRAアイドルと現役最強馬を産んだ「偉大なる母」が5年ぶりの受胎! 交配相手は故・岡田繁幸氏が絶賛した血筋を引く新種牡馬
  7. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  8. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール
  9. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  10. JRA横山武史の「おさがり」から天敵に格上げ、タイトルホルダーが暴露したエフフォーリアの弱点…ライバル2頭が激突する秋の舞台は?