NEW

JRA史上に残る「高齢レース」が話題……過去にはトウカイトリックなど「長距離専門家オジサン」が多数台頭

【この記事のキーワード】, ,
JRA史上に残る「高齢レース」が話題......過去にはトウカイトリックなど「長距離専門家オジサン」が多数台頭の画像1

 1月7日(土)に京都競馬場の芝3000mで開催される万葉ステークス。年明け最初の3000m以上の平地競走であり、例年多くのステイヤーたちが顔をそろえる。だが、このレースに出走を予定しているメンバーが、軒並み”高齢”だと話題になっている。

 今年は15頭が特別登録を行っているが、その中には4歳馬の姿はない。レースでの”最年少”となる馬は5歳。この世代が3頭出走を予定しており、そして6歳馬1頭。これら以外は7歳以上がずらりと並ぶ。さらには12歳で出走を予定している馬(サイモントルナーレ)もいるようだ。

 他のレースと比べると異様なメンバーのようにも映る。だがこのステイヤーが集う万葉ステークスは毎年高齢馬が出走、そして、平均馬齢が高いことでも知られている。昨年はドリームヒーロー(10歳)、一昨年前はサイモントルナーレ(10歳)、3年前にはトウカイトリック(12歳)、そして4年前にはマイネルキッツ(10歳)、トウカイトリック(11歳)などの高齢の馬が出走していた。

「昨年のステイヤーズS(G2)を制するなど、長距離を得意とするアルバートも今年で7歳になるもののまだ引退する気配はないなど、ステイヤーの高齢化は今に始まったことではありません。これは世界的には2000mの中級距離がメインストリームで長距離は軽視されている傾向にあることも影響しているのでしょう。この風潮が続いているため、ステイヤーたちは種牡馬としても価値が見出されなくなっています。そのため、長らく現役を続けるのでは?」(競馬ライター)

 またJRAの芝で3000m以上の距離のレースも、当レースをはじめ、天皇賞・春(G1)、菊花賞(G1)、阪神大賞典(G2)、ステイヤーズS(G2)、ダイヤモンドステークス(G3)の6つしかないのも、ステイヤーの数が減少することに拍車をかけているのかもしれない。

 一昔前にはメジロマックイーン、ヒシミラクル、ライスシャワーなど長距離でこそ光り輝く専門的な名馬たちがいたが、これから先は極めて稀な存在となりつつあるようだ。高齢馬たちが集い覇を競うこととなった万葉ステークスはどの馬が制するのだろうか?

JRA史上に残る「高齢レース」が話題……過去にはトウカイトリックなど「長距離専門家オジサン」が多数台頭のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊の「新人最多勝」超えで慢心!? デビュー年の勝利数を超えるまで11年の遠回り、元天才騎手の「身から出た錆」発言
  2. JRA C.ルメール“国外逃亡”で責任回避!? 元ダービー馬候補「有言実行」懸かる背水の陣、大役任されたのは「鬼タックル」食らった因縁の相手
  3. JRA大本命「7連敗」で川田将雅に大誤算!?単勝1.4倍「3億円ホース」敗戦から始まった負の連鎖「悲願」のリーディング獲得へ急ブレーキ
  4. JRA川田将雅でも武豊でもない、復活の立役者はあの男!? 昨年「12位」→今年「断トツ1位」大記録失った名門厩舎が驚異の大逆襲!?
  5. JRA福永祐一が「すぐに勝てる」と評した相手に大楽勝、新種牡馬グレーターロンドン産駒が圧巻デビュー…「追い通し」サバイバル制した実力にG1獲りの期待
  6. JRA武豊「最年少G1制覇」超えも視野、大胆騎乗に関係者からも絶賛の嵐…「ゴールデンルーキー」今村聖奈はなぜこれほどの感動を呼んだのか
  7. JRA今村聖奈「一発回答」に岩田望来が赤っ恥!? グループ内での「序列低下」も現実味……エージェント同一も「重賞97連敗」の体たらく
  8. JRAスミヨン、デムーロ、ルメールが「格の違い」を証明…クビになった中堅騎手が味わった屈辱、あの名牝の全弟がデビュー
  9. JRA今年もC.ルメールに巡ってきた国枝栄厩舎の世代No.1、恩師の想いを背に今度こそ「ダービー予約」を現実に?
  10. JRA岩田康誠「騎手が下手くそ」格下相手の惜敗に自虐節!? 七夕賞(G3)武豊がG1馬に導いた逸材が復活の兆しを示した分岐点