NEW

ダノンプレミアムVSワグネリアンの牙城を崩す”有望株”続々「超ハイレベル」牡馬クラシック路線の「鍵」を握るのは意外にも……

【この記事のキーワード】, ,

 昨年から、すでに「超ハイレベル」と評判高い牡馬クラシック戦線が、早くも8日のシンザン記念(G3)から幕が上がろうとしている。

 昨年はホープフルSがG1昇格を果たし、朝日杯フューチュリティSと合わせて2頭の2歳王者が誕生した年となった。他にも、これらの2歳王者決定戦を回避して消耗を避けた有力馬も数多く控えており、今年は大きなスケールを感じさせる有望株が数多くひしめいている状況だ。

 そこで今回は来たるクラシック戦線に向け、最有力候補と呼ばれる評判馬を中心に牡馬3冠路線の動向を占いたい。

ダノンプレミアム(栗東・中内田充正厩舎)

ダノンプレミアムVSワグネリアンの牙城を崩す有望株続々「超ハイレベル」牡馬クラシック路線の「鍵」を握るのは意外にも......の画像1ダノンプレミアム(JBISサーチ公式サイトより)

血統:ディープインパクト×Intikhab(母父)
戦績:3戦3勝
主な勝ち鞍:朝日杯フューチュリティS(G1)

 ますは敬意を表して2歳王者から。いや、本馬の場合”あえて”気を遣わなくとも、最初に挙げるべき突き抜けた存在なのかもしれない。

 結果的に朝日杯FSで1番人気に支持されるデビュー2戦の内容も然ることながら、この馬の評価をはね上げたのは、やはり破格のレコードで勝利した2歳王者決定戦だ。

 好位から楽に抜け出し、ステルヴィオ、タワーオブロンドンといった強豪を相手に3馬身半差という決定的な差をつけての圧勝。記録した1:33.3は朝日杯FSが阪神で開催されるようになった2014年以降、リオンディーズが記録した1:34.4を1.1秒も更新するもの。馬場コンディションに恵まれたとはいえ、これは「規格外」と評価せざるを得ないだろう。

 また、先に阪神外回りのマイル戦で開催されている牝馬の阪神ジュベナイルF(G1)と比較しても、2006年にウオッカが記録した1:33.1に0.3秒差に迫るもの。2着馬に3馬身半以上の差をつけての朝日杯FS勝利は、1993年のナリタブライアンまで振り返る必要がある。

 まだ正式に今年の路線が発表されたわけではないが、仮にクラシックを狙うのであれば、課題は当然「距離」になってくるだろう。ただ、本馬はデビュー戦の1800mを4馬身差で圧勝しており、ディープインパクト×Intikhabという配合は2015年の日本ダービー2着馬サトノラーゼンと同じ。マイルを超えたからといってパッタリ止まるということはなさそうだ。様々な選択肢がある中、どこに進もうと主役を張る存在なのは間違いない。

ダノンプレミアムVSワグネリアンの牙城を崩す”有望株”続々「超ハイレベル」牡馬クラシック路線の「鍵」を握るのは意外にも……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  2. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  3. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  4. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  5. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  6. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  7. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  8. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  9. JRA M.デムーロで「必勝態勢」春二冠女王と接戦を演じた実力馬が7番人気の珍事!? 1勝クラスで当然の勝利も、何故「10万馬券」決着となったのか
  10. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か