NEW

JRA2歳女王ラッキーライラックの「逆転候補」はアノ超大物!? 混戦の牝馬クラシック路線にファンディーナの再来なるか?

【この記事のキーワード】, ,
ラッキーライラックの「逆転候補」はアノ超大物!? 混戦の牝馬クラシック路線にファンディーナの再来なるか?の画像1ラッキーライラック「JBISサーチ」より

 阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)で3連勝を飾った2歳女王ラッキーライラックという確固たる軸がいるものの、素質馬揃いの牡馬クラシックと比較すれば、まだまだ混沌としている感のある牝馬クラシック路線。

 昨年は2歳女王ソウルスターリングやリスグラシュー、レーヌミノルといった既存勢力がそのまま活躍した春2冠だったが、今年は「遅れてきた大物」が台頭する余地が残されているのかもしれない。今回はそんな牝馬クラシック路線の有力候補にスポットをあてる。

ラッキーライラック(栗東・松永幹夫厩舎)

血統:オルフェーヴル×Flower Alley
戦績:3戦3勝
主な勝ち鞍:阪神ジュベナイルF(G1)

 混戦模様とはいえ、当面の牝馬クラシック路線が2歳女王ラッキーライラックを中心に展開されることは間違いない。ここまで3戦3勝。いずれも強烈な末脚を武器に勝負強い勝ち方を見せており、まだまだ底が見えない存在だ。現状、名実ともにクラシックの最有力候補といえる。

 ここまで3戦がすべてマイルであることからも、オークスでは距離が課題となってくる。昨年の新種牡馬オルフェーヴルの距離適性は未知数ながら、基本的には父ステイゴールドと大きく違わないはず。ただ、本馬の場合は母系がスピード型。同世代同士の2400mなら問題なさそうだが、1つ上の半姉ラルク(父ディープインパクト)はマイル前後が主戦場となっているだけに、極端な距離延長がプラスになるということはなさそうだ。

 すでに3月のチューリップ賞(G2)からの始動が決定している本馬。女王らしく、ここから桜花賞→オークスと”王道”を突き進むことが予想される。ポイントは鞍上の石橋脩騎手か。『netkeiba.com』の特設コーナーでは、絵馬に「手に入れた幸運を手放さないような騎手になっていきたい」と書き込んだ石橋騎手。願いは叶うか。

1リリーノーブル(栗東・藤岡健一厩舎) 2マウレア(美浦・手塚貴久厩舎)

1
血統:ルーラーシップ×クロフネ
戦績:3戦2勝
主な勝ち成績:阪神ジュベナイルF(G1)2着

2
血統:ディープインパクト×Storm Cat
戦績:3戦2勝
主な勝ち成績:阪神ジュベナイルF(G1)3着

 昨年のリスグラシューやレーヌミノルの活躍もあり、阪神ジュベナイルF上位組の軽視は禁物だ。特にこの2頭は勝ったラッキーライラックとはそれぞれ0.1秒、0.2秒の差。4着以下を2馬身半以上突き放していることからも、既存勢力の中では力が一枚上の可能性は高い。

JRA2歳女王ラッキーライラックの「逆転候補」はアノ超大物!? 混戦の牝馬クラシック路線にファンディーナの再来なるか?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「最年少G1制覇」超えも視野、大胆騎乗に関係者からも絶賛の嵐…「ゴールデンルーキー」今村聖奈はなぜこれほどの感動を呼んだのか
  2. JRA C.スミヨン「入線後」の斜行でも12日間の騎乗停止! 過去には武豊とも一悶着…イギリスでやらかした「お粗末騎乗」にファンも納得?
  3. JRA単勝1.9倍「幻の桜花賞馬」が痛恨の敗戦……川田将雅×中内田充正厩舎「黄金コンビ」に続く秋華賞(G1)制覇の試練
  4. JRA武豊「絶縁」噂のトレーナーと4年9ヶ月ぶりの白星! 懇意の『ウマ娘』藤田晋オーナー所有馬も所属、関係修復で依頼数「増加」なるか
  5. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  6. JRA【プロキオンS(G3)展望】G1で2着の「2億円馬」が三度目の正直!? ダートで覚醒へ、オルフェーヴル産駒ラーゴムにも注目!
  7. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  8. JRA「大差レコード負け」からジョッキーも信じられない奇跡!? 約2年20戦の時を経て「2着馬」が10馬身差の圧勝でレコード再更新
  9. JRA今年もC.ルメールに巡ってきた国枝栄厩舎の世代No.1、恩師の想いを背に今度こそ「ダービー予約」を現実に?
  10. 元JRA藤田伸二氏「幸四郎も凄かった」初重賞初勝利で思い出した25年前、武豊“全弟”による史上唯一の快挙とは