NEW

武豊騎手が年始から「ニュースだらけ」……キタサンブラック引退式の「約束」、京都金杯連覇、そして「名師」との別れ……

【この記事のキーワード】, ,
武豊騎手が年始から「ニュースだらけ」......キタサンブラック引退式の「約束」、京都金杯連覇、そして「名師」との別れ......の画像1

 年明け6日の京都金杯(G3)をブラックムーンで勝利した武豊騎手。最後方でレースを進め、4コーナーで外からまくり、最後は外から豪快な差し切り。まさに京都は「庭」といわんばかりのレースぶりで、32年連続のJRA重賞勝利を達成した。

 48歳のレジェンドが、年明け一発目からその実力を示した同レース。後方から焦らず組み立て、最後は図ったような差しを見せるなど、まさに熟練の腕を見せた。

 インタビューでは「今年も”ブラック”の年にしたいですね」と、昨年で引退したパートナー・キタサンブラックに次ぐ強豪お手馬の出現を「ユタカ節」で喜んでいた。京都金杯は昨年のエアスピネルに続き連覇となる。

 また、7日には京都競馬場でキタサンブラックの「引退式」に出席。1万8000人もの観衆とともに、愛馬に別れを告げた。

 そして「ブラックの子でG1を勝ちます。ここで約束します」と”再ブーム”を力強く宣言。これまで数多くの名馬に騎乗してきた武騎手だが、アラフィフで出会ったアイドルホースの存在はやはりあまりにも大きかったのだろう。

 武騎手の絶妙なペース配分での逃げ切り、大雨の天皇賞でのイン突きや、有馬記念での見事なラストラン。このコンビでしかなし得なかったレースの数々を考えると、やはりどうしても「今年も現役」という考えを持つファンも多いだろう。もしかしたら武騎手もそんな思いを抱いているのかも……。

武豊騎手が年始から「ニュースだらけ」……キタサンブラック引退式の「約束」、京都金杯連覇、そして「名師」との別れ……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  2. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  3. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  5. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  6. JRA【CBC賞(G3)展望】川田将雅と実力馬が再タッグ!連覇狙うファストフォース松山弘平と同厩舎対決!
  7. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  8. JRA【ラジオNIKKEI賞(G3)展望】エピファネイア産駒の素質馬2頭が激突!ソネットフレーズは名牝“シンコウラブリイ級”素質あり?
  9. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  10. JRA宝塚記念【10万馬券】予想! パンサラッサ「爆逃げ」にタイトルホルダーら阿鼻叫喚!? 「激流」だからこそ冴えわたる横山典弘の技