NEW

JRA史上「最強」の弥生賞へ!? ダノンプレミアム出走視野で、ワグネリアンら豪華面子といきなり激突か

【この記事のキーワード】, ,
JRA史上「最強」の弥生賞へ!? ダノンプレミアム出走視野で、ワグネリアンら豪華面子といきなり激突かの画像1ワグネリアン(競馬つらつらより)

 史上最高レベルの前哨戦となるのかもしれない。

 朝日杯フューチュリティS(G1)を制し、最優秀2歳牡馬にも選出されたダノンプレミアム。同馬が次走に皐月賞(G1)の前哨戦となる弥生賞(G2)を視野に入れていると「スポニチ」が報じた。

 ダノンプレミアムはデビューから無敗で2歳王者決定戦へ。そのレースでステルヴィオ、タワーオブロンドンといった強豪を相手に3馬身半差という決定的な差をつけて勝利。さらに2014年にリオンディーズが記録した1:34.4を1.1秒も縮める新レコードタイムも樹立するなど、名実ともに新世代の王者として君臨している。

 そのダノンプレミアムが向かう弥生賞は皐月賞のトライアルレースだ。もちろん、本番へ至る道程はここだけではなく、スプリングS(G2)や若葉S(OP)も用意されている。そのため、突出した実力馬がそのいずれかに出走を決めた際は、そのレースのメンバーが手薄になる傾向がある。

 過去の弥生賞を振り返れば、2001年に勝利したアグネスタキオンは単勝1.2倍に支持され、2005年にはディープインパクトが同じく単勝1.2倍で勝利。さらに09年にはロジユニヴァースが1.3倍、10年のヴィクトワールピサが1.7倍、14年にはトゥザワールドが1.6倍と、絵に描いたような一強状態になることも多い。

 ダノンプレミアムが出走を表明したため、今回も前例をなぞるかのように同馬に人気が集中する可能性も高いはずだが……。

 どうやら今回はその心配はないようだ。

JRA史上「最強」の弥生賞へ!? ダノンプレミアム出走視野で、ワグネリアンら豪華面子といきなり激突かのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  2. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  3. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  5. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  6. JRA【CBC賞(G3)展望】川田将雅と実力馬が再タッグ!連覇狙うファストフォース松山弘平と同厩舎対決!
  7. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  8. JRA【ラジオNIKKEI賞(G3)展望】エピファネイア産駒の素質馬2頭が激突!ソネットフレーズは名牝“シンコウラブリイ級”素質あり?
  9. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  10. JRA宝塚記念【10万馬券】予想! パンサラッサ「爆逃げ」にタイトルホルダーら阿鼻叫喚!? 「激流」だからこそ冴えわたる横山典弘の技