NEW

JRA賞年度代表馬キタサンブラック当然も、まさかの「大ブーイング」が!? 「満票」を逃した「あの馬」に疑問多数

【この記事のキーワード】, ,
JRA賞年度代表馬キタサンブラック当然も、まさかの「大ブーイング」が!? 「満票」を逃した「あの馬」に疑問多数の画像1

 9日、「2017年度JRA賞」の各賞が決定。年度代表馬は、予想通りG1競走4勝のキタサンブラックとなったのだが……。

 記者投票290票のうち、キタサンブラックが獲得したのは287票。満票とはならなかった。他3名は、いずれも最優秀障害馬に輝いたオジュウチョウサンに入っている。

 オジュウチョウサンは4戦4勝で中山大障害、中山グランドジャンプのJ・G1を制して史上初のJ・G1競走4連勝を達成。暮れの中山大障害では、アップトゥデイトの大逃げを最後の最後で差し切るという熱い戦いとなった。一部では「今年一番の名勝負」との声もある。史上最強障害馬」の称号すらも囁かれるオジュウチョウサンだけに、3票が入ったことも納得ではある。

 ただ、多くのファンが納得できないのは、年度代表馬投票ではなく「最優秀障害馬の投票」だ。

 未踏の大記録を達成したオジュウチョウサン、当然ここは満票になってしかるべきところのはずだが、得た票は289。わずか1票足りず満票を逃したのだ。

 それならば、ライバルであるアップトゥデイトあたりにその記者が投票したのかと思いきや、なんとその1票は「該当馬なし」。これに対しファンは「意味がわからない」「これ以上の成績ないのに」「あまのじゃくかな」など、批判的な意見も多く出ている。

 毎度この投票に関しては議論がなされるところだが、それは今年も変わらなかったようだ。

【JRA賞各賞】

・年度代表馬
キタサンブラック
・最優秀2歳牡馬
ダノンプレミアム
・最優秀2歳牝馬
ラッキーライラック
・最優秀3歳牡馬
レイデオロ
・最優秀3歳牝馬
ソウルスターリング
・最優秀4歳以上牡馬
キタサンブラック
・最優秀4歳以上牝馬
ヴィブロス
・最優秀短距離馬
レッドファルクス
・最優秀ダートホース
ゴールドドリーム
・最優秀障害馬
オジュウチョウサン

JRA賞年度代表馬キタサンブラック当然も、まさかの「大ブーイング」が!? 「満票」を逃した「あの馬」に疑問多数のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  4. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  5. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  6. JRA「弾けました」低評価を覆す豪脚一閃で先行勢を一掃! 宝塚記念(G1)激走、故・岡田繁幸さん素質見抜いた「逆輸入」種牡馬にブレイクの予感
  7. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々
  8. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  9. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  10. JRA【ラジオNIKKEI賞(G3)展望】エピファネイア産駒の素質馬2頭が激突!ソネットフレーズは名牝“シンコウラブリイ級”素質あり?