NEW

「ジャパンCは夢」生涯最後の騎乗を日本で迎えたイタリア人騎手が、JRAと「失われた国際レース」に遺したもの

【この記事のキーワード】, ,

 近年のジャパンCは、世界的な強豪外国馬が出走しなくなって久しい。G2G3クラスの海外馬が出走しては惨敗、というのがもはやテンプレートになってしまっている。日本特有の高速馬場や検疫の問題からか、時期が近い香港国際競走やブリーダーズカップに海外の有力馬が流れてしまっているのが実状だ。すでに「国際レース」としての側面は失われつつある。

 しかし、ポルク騎手のように、命を燃やしてまでも出走したいという魅力が、まだジャパンCにはあるのではないか……そう思わせてくれる出来事ともいえるだろう。

 JRAにも是非、世界に誇れる国際レース・ジャパンC復活の契機にしてほしいものである。そして、ポルク騎手のご冥福を心からお祈りしたい。

「ジャパンCは夢」生涯最後の騎乗を日本で迎えたイタリア人騎手が、JRAと「失われた国際レース」に遺したもののページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合