NEW

C.デムーロ「JRAリーディングいける」発言!? 兄ミルコとルメール騎手の”現状”を考えれば当然の「通年になれば」

【この記事のキーワード】, ,
C.デムーロ「JRAリーディングいける」発言!? 兄ミルコとルメール騎手の現状を考えれば当然の「通年になれば」の画像1

 昨年の全国リーディングは3位だったものの、G1競走6勝、G1騎乗10連続馬券圏内ととにかくその勝負強さが爆発したM.デムーロ騎手。200勝まであと一歩に迫ったC.ルメール騎手とともに「通年外国人騎手」のパワーが席巻した2017年だったといえる。

 そんなデムーロ騎手の姿を見て「日本競馬なら俺でもやれる」と思う外国人騎手が多くいることは考えるまでもないだろう。ましてや”身内”ならなおさらである。

 10日配信、競馬ポータル「netkeiba.com」内の藤岡佑介騎手のコラム「with 佑」に、M.デムーロ(以下ミルコ)騎手と弟のC.デムーロ(以下クリスチャン)騎手が登場。対談にて、大きな「自信」をのぞかせている。

 対談の中で、クリスチャンは「通年日本で乗ったらリーディングを獲れる」と豪語。「若い頃からGIだけ勝ちたいタイプ」と語る兄とはアプローチこそ異なるものの、日本競馬において中心人物となる自信は相当にあるようだ。

「昨年短期免許で来日し、年末までで29勝、最終開催ではホープフルSも勝利してG1も制覇しました。昨年にはフランスダービーも制するなど、欧州においてはすでに兄やルメール騎手以上ともいわれているクリスチャンですからね。今はまだ兄のほうが目立っていますが、今後短期免許を重ねて同様の扱いを受ける日も近いかもしれません。

現在は馬主や生産界も『外国人騎手礼賛』が顕著であり、通年免許獲得となれば有力馬が集中することは火を見るより明らか。クリスチャンもそれを理解しているからこそこうした発言ができるのでしょう。現在ルメール騎手とミルコ騎手、戸崎圭太騎手あたりに騎乗馬が一極集中をしている点を考えれば、分散の意味ではいいかもしれません」(現場記者)

C.デムーロ「JRAリーディングいける」発言!? 兄ミルコとルメール騎手の”現状”を考えれば当然の「通年になれば」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「迷惑をかけて申し訳ない」武豊“大外タックル”で騎乗停止から約3年…。「因縁」被害馬トレーナーと3年ぶりのコンビ復活
  2. JRA 「ホントにカッコいい」藤田菜七子も熱視線注ぐイケメン騎手にG1制覇の大チャンス!? 休養中に評価「爆上げ」の隠れ桜花賞馬候補
  3. JRA池添謙一「有馬記念だけで種牡馬になれると」ブラストワンピース“史上初”の屈辱的結末…。瀬戸際の「ハービンジャー後継問題」を救うのは、あの大物馬主?
  4. JRA 武豊「因縁」オーナーと5億円の復縁!? ワールドプレミア降板劇から突然の大物騎乗依頼、両者に交錯する「思惑」とは
  5. JRA M.デムーロの次は横山武史、アノ中堅騎手がまた「強奪」の被害!? 因縁の「ドゥラメンテ産駒」で下した陣営の手厳しい決断とは
  6. JRA“父親参観”横山典弘がAJCC(G2)に自信あり!? 「疑惑封印」狙うキングオブコージに隠し切れない勝負気配
  7. JRA「言うことがないです」武豊も絶賛したアロゲート産駒から怪物登場の予感も……。 将来性豊かな期待馬を襲ったアクシデント
  8. JRA「ビックリするぐらい状態はいい」武豊の元クラシック候補が異例の挑戦!? ディープインパクト産駒でも「大丈夫」なワケとは
  9. JRAタイトルホルダー、オーソクレース撃破も「鞍上問題」が強敵!? AJCC(G2)重賞未勝利の元主戦に師匠からの「恩情」再登板あるか
  10. 横山典弘騎手が若手騎手に「あの乗り方はやめろ」岩田康誠騎手らが実践する「お尻トントン」は、競走馬の負担になるだけ?