NEW

ディープインパクト産駒「イタリア種牡馬」引退に期待大! 旋風が世界に広がる

ディープインパクト産駒「イタリア種牡馬」引退に期待大! 旋風が世界に広がるの画像1

 今月10日、JRAは2016年の七夕賞(G3)などを制したアルバートドック(牡6歳、栗東/須貝尚介厩舎)が、競走馬登録を抹消したと発表した。今後、同馬はイタリアで種牡馬となる予定だという。

 アルバートドックは父ディープインパクト、母ゴールデンドックエー、母父は多くの優秀な産駒を誕生させたUnusual Heatという血統を持つ。ブエナビスタなどで知られた松田博資厩舎に預けられ、2015年にデビューを飾ったアルバートドックは、勝ち負けを繰り返しつつ滑り込みでクラシック最後の1冠である菊花賞(G1)に出走。だが、キタサンブラックら一線級のライバルたちを前に13着と惨敗した。

 菊花賞ではいいところなしで終わったアルバートドックだったが、次走のアンドロメダSでは古馬相手に3着と好走。続くリゲルSでも3着と才能の片鱗を見せ始め、そして翌年2月の小倉大賞典(G3)で見事に重賞初制覇を達成。松田博調教師は同月末で引退が決定していたため、これが名伯楽の最後の重賞勝利となった。

 その後、アルバートドックは須貝尚介厩舎に移籍。引き続き重賞戦線に挑戦するも “壁”に跳ね返されてしまう。だが、夏になると七夕賞を制し、続く新潟記念(G3)でも2着に入るなど本格化の兆しを見せ始める。そして次走にキャリア初となるG1競走の天皇賞(秋)へ出走が予定された。大舞台を目前に控えたアルバートドックだったが、レース前に左前脚屈腱炎を発症して無念の休養入り。当初は復帰を目指していたものの予想以上に治療が難航したため、ついに陣営は同馬の引退を決断したようだ。

 ちなみにアルバートドックのラストランとなった新潟記念で、同馬に先着したのはディープインパクト産駒のアデイインザライフ。同馬もこのレースから長期休養入りしていたが、今週末のニューイヤーSで1年4カ月ぶりに出走を予定している。レースでしのぎを削ったライバルのためにも好走してもらいたいところだ。

ディープインパクト産駒「イタリア種牡馬」引退に期待大! 旋風が世界に広がるのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  3. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  4. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  5. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  6. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  7. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか
  8. JRA宝塚記念(G1)武豊キタサンブラックが沈んだ罠にエフフォーリアも、タイトルホルダーも!? 昨年「単勝215.3倍」の下剋上は何故起きた?
  9. JRA宝塚記念(G1)逃げ「当確」パンサラッサが激流を演出…タイトルホルダーも苦戦濃厚、混戦必至の展開で「漁夫の利」を得られるタイプは?
  10. JRA「今年はヤバい」池添謙一、横山武史らもビビった!? 宝塚記念(G1)でトップジョッキーが不在…2週続いた騎乗停止処分に恐怖の声