NEW

武豊ゴールドアクター「危機的状況」か……追い切り内容と馬齢、鍵はやはり「手腕」

【この記事のキーワード】, ,
武豊ゴールドアクター「危機的状況」か......追い切り内容と馬齢、鍵はやはり「手腕」の画像1

 21日に中山で開催されるAJCC(G2)に出走するゴールドアクターが11日、1週前追い切りを行った。

 タイムは5F66秒5-37秒6-13秒6と可も不可もなくといった感じだったが、調教相手には最後突き放される結果に。中川調教師は「ここまでは順調」としているが……。

 内容を知る限り、不安のほうが大きいのが現状だろう。昨年6月の宝塚記念以来の実戦、すでに4月1日の大阪杯(G1)を大目標と定めている点から、今回の舞台は「叩き台」の可能性も十分にあるだろう。

「7歳という馬齢を考えれば衰えがあったとしても不思議ではないですよね。ズブさが出てきたような印象も受けます。有馬記念制覇、宝塚記念2着など実力が現役トップクラスなのは誰もが知るところですが、やはり年月には勝てない部分もあるのかもしれません。

今回が明確な叩き台という扱いなら問題ないですが、それでもあまりにも不甲斐ない内容だと厳しいかも……」(現場記者)

 今年のAJCCは昨年のセントライト記念覇者ミッキースワローや昨年の勝ち馬タンタアレグリアなど、この時期としてはハイレベルなメンバー構成。紛れもなく主役であるゴールドアクターだが、現状を見る限りどこまで信用をおけるのか……。

武豊ゴールドアクター「危機的状況」か……追い切り内容と馬齢、鍵はやはり「手腕」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「絶縁」噂のトレーナーと4年9ヶ月ぶりの白星! 懇意の『ウマ娘』藤田晋オーナー所有馬も所属、関係修復で依頼数「増加」なるか
  2. JRA単勝1.9倍「幻の桜花賞馬」が痛恨の敗戦……川田将雅×中内田充正厩舎「黄金コンビ」に続く秋華賞(G1)制覇の試練
  3. JRA「大差レコード負け」からジョッキーも信じられない奇跡!? 約2年20戦の時を経て「2着馬」が10馬身差の圧勝でレコード再更新
  4. JRAラジオNIKKEI賞(G3)「遅れてきた大器」が無傷の3連勝! ドゥラメンテ調教師が「南半球の怪物」と初めてクラシック制覇を見据えた日
  5. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  6. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  7. JRA C.スミヨン「入線後」の斜行でも12日間の騎乗停止! 過去には武豊とも一悶着…イギリスでやらかした「お粗末騎乗」にファンも納得?
  8. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  9. JRA【七夕賞(G3)展望】棚ぼた勝利は難しいハンデ戦!? 「G1除外の無念」ヒートオンビートVS「福島の鬼」ヴァンケドミンゴ!
  10. JRA武豊×蛯名正義「同期タッグ」が北の大地でOP初挑戦! 騎乗するのは縁ある「女帝」の孫。重賞初挑戦へ繋がる勝利にかかる期待