NEW

JRA武幸四郎厩舎「所属馬が超満員」の”裏事情”に驚愕……JRAが「悲劇」を繰り返さないために取り計らう「最初」

【この記事のキーワード】, ,
JRA武幸四郎厩舎「所属馬が超満員」の裏事情に驚愕......JRAが「悲劇」を繰り返さないために取り計らう「最初」の画像1

 競馬界の2月といえば「別れの季節」。来月末になれば、今年も多くの厩舎解散の情報が飛び交うのが通例だ。

 今年はすでに10もの厩舎の解散が決まっているようで、当事者たちはその最後の準備をしているところだろう。

 そして、それと同時に「新たな始まり」も。武豊騎手の弟で、昨年引退した武幸四郎の厩舎を筆頭に、新たなホースマンとしての道を歩む男たちもいるのだ。

 武幸四郎厩舎に関しては、すでに馬房が埋まっている様子。競馬界のスターの弟というだけでなく、ジョッキーとして活躍した実績、知名度を考えれば当然か。すでに兄が騎乗して大活躍したキタサンブラックの全弟も入厩予定ということで大きな注目を集めている。

 そして、武幸四郎厩舎以外にも「充実」の新参調教師がいるようだ。元騎手で2009年のエリザベス女王杯をクイーンスプマンテで制した田中博康調教師も馬房が「満杯」と、「競馬最強の法則」(KKベストセラーズ)で語られている。

「田中調教師に関しては、どうやら大物馬主である”サトノ”里見治オーナーのバックアップが大きいとか……現役時代からの付き合いも込みということですかね。

幸四郎調教師もそうですが、新規開業がここまで充実するのはJRAの『意図』もあるようです。2人とも現役ジョッキーとして一定の成績を残した実績などがありますが、こうした『馬主とつながれそうな人物』を試験段階でチョイスしているという話も。一時期厩舎の相次ぐ破たんから、こうした動きになっているなんて話もあります」(記者)

JRA武幸四郎厩舎「所属馬が超満員」の”裏事情”に驚愕……JRAが「悲劇」を繰り返さないために取り計らう「最初」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  3. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  5. JRA【CBC賞(G3)予想】今村聖奈テイエムスパーダ&アネゴハダの3歳牝馬は用なし!データから買える穴馬指名で、荒れ続きのハンデ重賞を制する!
  6. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  7. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  8. JRA【ラジオNIKKEI賞(G3)予想】サトノヘリオスは危険な人気馬!実績重視で人気薄の穴馬本命で好配当をいただき!
  9. JRA C.ルメール、D.レーン「不在」の穴を埋めるのは!? 社台グループが期待する6人の「推し」騎手
  10. JRA「どう見ても格が違う。武豊さまに任せました」西山茂行オーナーの“いじり”は愛と配慮あってこそ!? あのベテラン騎手の発奮に期待!