NEW

武豊×ゴールドアクターは「今回限り」!? キタサンブラックに続く”新相棒”ゲットも関係微妙……「一発回答」が迫られる理由

【この記事のキーワード】, ,
武豊×ゴールドアクターは「今回限り」!? キタサンブラックに続く新相棒ゲットも関係微妙......「一発回答」が迫られる理由の画像1ゴールドアクター(競馬つらつらより)

 昨年11月、キャスターの小浦愛との不倫疑惑が報じられた直後の調教中に落馬負傷。マイルCS(G1)でエアスピネルの”強制降板”を告げられるなど、公私共に世間を騒がせた競馬の第一人者・武豊騎手。

 年末の有馬記念(G1)でキタサンブラックの引退を飾ったことで一応の”ハッピーエンド”を迎えたが、この日や最終日も「1日1鞍」騎乗となるなど、落馬負傷によるケガの具合が心配されていた。しかし、そこには本人の強い希望があったようだ。

「とにかく、このレース一つに集中したい」

『週刊大衆』(双葉社)で連載するコラムで、昨年の有馬記念を改めて振り返った武豊騎手。この日、わずか1鞍の騎乗となったのはケガの回復具合というよりも「騎乗依頼をされたら、乗れる限り、すべて乗る」という自らの流儀に背いてでも、キタサンブラックとのラストランに集中したかったようだ。

「もう年末でリーディング争いも決着していたことから、あえて”一球入魂”の作戦を選んだとのことでした。当時は体調や、当日の中山の馬場読みなど不安説も飛び交いましたが、それらが杞憂と言わんばかりの完璧な競馬。敗れはしたものの、同じく1日1鞍となったホープフルS(G1)での騎乗も見事でしたし、今後も武豊騎手にとって『ここぞ』という時の”切り札”となるかもしれません」(競馬ライター)

 今年に入ってもここまで6勝を上げ、リーディング4位につけるなど好スタートを切った武豊騎手。そんなレジェンドの元に舞い込んできたのが、グランプリホース・ゴールドアクター(牡7歳、美浦・中川公成厩舎)の騎乗依頼だった。

 21日のAJCC(G2)で、新コンビを組むこととなった武豊騎手とゴールドアクター。キタサンブラックという大きな”軸”を失ったばかりの武豊騎手にとっては、まさに渡りに船といったところ。今年はこのコンビが古馬王道路線を席巻すると、多くのファンが期待している。

 しかし、状況は周囲が楽観視しているほど甘くはないようだ。

武豊×ゴールドアクターは「今回限り」!? キタサンブラックに続く”新相棒”ゲットも関係微妙……「一発回答」が迫られる理由のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  2. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  3. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  4. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  5. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  6. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  7. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  8. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々
  9. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. JRA M.デムーロで「必勝態勢」春二冠女王と接戦を演じた実力馬が7番人気の珍事!? 1勝クラスで当然の勝利も、何故「10万馬券」決着となったのか