NEW

吉岡里帆『きみが心に棲みついた』視聴率大爆死当然の「不快」「差別」!? 『あなそれ』との違いと「女優つぶし」の脚本家?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
吉岡里帆『きみが心に棲みついた』視聴率爆死当然の「不快」「差別」!? 『あなそれ』との違いと「女優つぶし」の脚本家?の画像1

 16日に放送された吉岡里帆主演『きみが心に棲みついた』(TBS系)の初回視聴率が9.4%(TBS系)だったことがわかった。

 吉岡初の連ドラ主演ということで注目を集めたが、初回視聴率はイマイチの結果に。そして「今後はダダ下がりを続ける」という評価が極めて多い。

 このドラマ、とにかく「不快」という意見が殺到している。

 脚本家は『あなたのことはそれほど』(同)で話題になった吉澤智子氏。今回もサイコな雰囲気のある恋愛作品のようだが……。

 物語は主人公の「キョドコ」こと小川今日子(吉岡)が誠実な漫画編集者の吉崎(桐谷健太)に惹かれるものの、学生時代の元カレ(?)のような人物である星名(向井理)に再会し、その「傷つけられた過去」に苦しみつつ揺れ動いてしまうという話。主に視聴者の反感を買っているのがこの「傷つけられた過去」という点だ。

「完全に『ホラー』という意見は多いです。DVはあるわ『公開ストリップの刑』もあるわ、向井さんがはまっている部分はありますが、印象としては男の『汚濁』を見せられて、女は完全に支配されているだけ、という内容。

物語としていずれ救いはあるのかもしれませんが、それまで視聴者がもちませんよ。『気持ち悪い』『家族では見られない』などネガティブ評価のオンパレード。前途多難です」(記者)

 中には「女性蔑視」なんて声もある同作。相当な拒否反応があるのは確かである。

吉岡里帆『きみが心に棲みついた』視聴率大爆死当然の「不快」「差別」!? 『あなそれ』との違いと「女優つぶし」の脚本家?のページです。GJは、エンタメ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!