NEW

JRA「勝てない騎手」が名門・池江泰寿厩舎所属で大出世!? 裏には競馬界の現状と「救いの手」が……

【この記事のキーワード】, ,
JRA「勝てない騎手」が名門・池江泰寿厩舎所属で大出世!? 裏には競馬界の現状と「救いの手」が......の画像1

 JRAの水口優也騎手(栗東・フリー)が、栗東の池江泰寿厩舎に所属することが17日、JRAの発表でわかった。

 今年で9年目を迎える水口騎手。デビュー3年時にあげた11勝が最高の成績で、重賞勝利はなし。今年もまだ2週目が終わった段階だが未勝利、騎乗回数も4回と下火もいいところの騎手である。

 それがなぜ、昨年の最多勝利調教師にして数々の名馬を管理してきた池江泰寿厩舎に入ることになったのだろうか。一部では「大出世」「所属の馬乗るだけでも1年で通算勝利数超えそう」などとも語られているが……。

「もともと池江厩舎の調教を手伝ってもいましたので、その関係で所属が決まったということでしょう。水口騎手はフリーでしたが、なかなかチャンスのある馬に乗る機会もなかったようで、騎手として頭打ちになっていた部分もあるのかも……。

それならば、調教を手伝って手当をもらいつつレースでも騎乗するという『二足の草鞋』を選択したほうが無難という見方もあるかもしれません。順風満帆の池江厩舎に所属していれば、食うには困らないでしょうし……」(現場記者)

 日本競馬界有数の名門厩舎の一員となったことで、生活に「安定」がもたらされるというのならば、それは有益なことに違いない。特に水口騎手のようになかなか浮上しないジョッキーとなれば……。

 こうなると、水口騎手は将来的に調教助手、調教師転身という道も見えてくるかもしれない。

JRA「勝てない騎手」が名門・池江泰寿厩舎所属で大出世!? 裏には競馬界の現状と「救いの手」が……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【日本ダービー(G1)予想】川田将雅×ダノンベルーガは迷わず切り! 期待値の高い実績馬の好走で意外な高配当をいただく
  2. JRA C.ルメール「自信」の1番人気馬に大誤算!? 予約のダービーをまさかのキャンセル、「世代NO.1候補」に訪れた悲し過ぎる結末
  3. 元JRA細江純子さん「皐月賞とは、まるで別馬」イクイノックス、ドウデュースら日本ダービー(G1)4強「上積み」であの馬を絶賛! 一方で“酷評”されたのは……
  4. JRA最強世代の“超新星”が「秒で終わった」日本ダービー(G1)から12年…イクイノックスやダノンベルーガも“他人事ではない”名馬達の自爆劇
  5. JRA「早く調教師になって」“パリピ”福永祐一に川田将雅が辛口エール!? 武豊でも成し得ていない日本ダービー3連覇へ「万年2番手」が覚醒したワケとは
  6. 横山典弘×須貝尚介厩舎の“絶縁”が呼んだ日本ダービーの波乱。陣営を裏切ったあのレースから1年以上騎乗なし……ゴールドシップコンビ解散となった裏事情
  7. JRA日本ダービー(G1)コントレイルと並ぶ「鉄板級」軸馬発見!? “ヒモ荒れ”は人気薄「激走穴馬」がカギ! 激アツ強力現場情報をもとに高額配当を狙う!
  8. JRA日本ダービー(G1)4連勝中、ディープインパクト産駒が「最高の輝き」見せる大一番…エフフォーリア、サートゥルナーリアですら敗れた歴史に「4強」も戦々恐々!?
  9. JRA「4頭立て」ダービーに他路線組は出番なし!? 川田将雅も蛯名正義も泣いた最強世代のガチガチ決着…「逆パターン」の皐月賞で逆襲条件が揃ったのは?
  10. JRAの「仕打ち」にC.ルメールが大ピンチ!? 2週連続の試練に自信も揺らぐか…先週の結果を「鵜呑み」にできない日本ダービー(G1)特有の罠