NEW

蛯名正義完全復活へ! 戸崎圭太はベテラン馬で虎視眈々

【この記事のキーワード】, ,
0119ajccajcc_01.jpg※画像:『競馬つらつら』より

 21日(日)に、中山競馬場で開催されるAJCC(G2)。今年は武豊騎手が騎乗し復活を懸けるゴールドアクター、昨年のセントライト記念で才能が開花したミッキースワロー、そしてM.デムーロ騎手とタッグを結成したダンビュライトなどが出走を予定している。実力伯仲の有力馬たちが揃う中、そこに割って入ることが期待されているのが、一昨年前に上位に入ったベテラン陣だ。

 まずは一昨年前に3着のショウナンバッハ(牡7歳、美浦・国本哲秀厩舎)が、戸崎圭太騎手と再タッグを結成して挑む。2年連続年度代表馬に輝いたキタサンブラックの半兄にあたる同馬。ここしばらく勝ちから見放されてはいるものの近3走は、いずれもトップと0.3秒差以内で掲示板内に入るなど調子をあげている。

 17日に最終追い切りを美浦・坂路で行なったショウナンバッハは、序盤から快調に飛ばし、最後まで手応え十分で4F51秒3-1F12秒2を記録。調子は上々のようで、管理する上原調教師もようやく本格化してきたと目を細め、「展開次第ではチャンスはある」と期待十分。今回で重賞17度目の挑戦となるが、ここで勝利をあげることができるかが注目される。

蛯名正義完全復活へ! 戸崎圭太はベテラン馬で虎視眈々のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「痛かった」C.ルメール「信じられない」致命的な不利に審議も制裁もなし、ソダシ快勝の裏で被害者大量発生……あの騎手の「危険騎乗」に恨み節続々
  2. JRA C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……日本ダービー(G1)イクイノックス騎乗消滅の危機回避も、一部ファンからは「忖度」の声
  3. JRA武豊、金子真人オーナーも見誤った「18冠ベビー」たち…アーモンドアイ×モーリス「15冠」を超える大物の冴えない現状
  4. JRA【オークス(G1)展望】桜花賞馬を“捨てた”川田将雅の決断…大混戦「樫の女王決定戦」は新星アートハウスVS桜花賞組!
  5. JRA「何故」ソダシの独壇場だったのか。G1馬5頭の史上最高メンバー集結も、拍子抜けのワンサイド…楽勝劇を生んだ「思惑」の交差と「想定外」のアクシデント
  6. JRAレイパパレも「8番目」の被害者に…M.デムーロ、川田将雅も打つ手なし!? オークス(G1)「凡走条件」に当て嵌まるのはどっち
  7. JRA日本ダービー(G1)「重賞勝ち」でも除外……ボーダーは史上最高レベルか。C.ルメール絶賛の「大器」が出走危機、安藤勝己氏の推奨馬は出走絶望に
  8. JRA日本ダービー(G1)横山典弘「騎乗停止撤回」を申し出るも却下に不満の声。息子「やってやりますよ!」に期待
  9. JRAオークスでファンを悩ませる川田将雅とアートハウス、ルメールとスターズオンアースの乗り替わり。そして盲点となる意外な穴馬!
  10. 武豊、異例の「超マジギレ」に恐怖……温厚なスターを激怒させた「おしくらまんじゅう事件」