NEW

C.ルメール騎手「年齢」による衰え隠せず? 久々「20連敗」でリーディング66位は凋落の気配か、それとも杞憂か

【この記事のキーワード】, ,
C.ルメール騎手「年齢」による衰え隠せず? 久々「20連敗」でリーディング66位は凋落の気配か、それとも杞憂かの画像1

 今年も開幕3週目を迎え、騎手たちによるリーディング争いも新たなスタートを切っている。

 現在の首位は10勝の田辺裕信騎手。田辺騎手は昨年も見事なスタートダッシュを決めて首位をキープするなど「新時代」の到来を予感させたが、ケガが重なったこともあって失速。今年はこの勢いをどこまで持続できるのかが、大きなポイントになりそうだ。

 それを2勝差で追うのが、リーディング奪還を目指す戸崎圭太騎手だ。開幕から3日連続の重賞制覇を飾るなど最高のスタートを切っただけに、今年は数字に加えて「中身」にも拘っていきたい。また、武豊騎手も6勝と好スタートを切っている。

 ただ、そうしたリーディング上位の常連たちが早くも激しい鍔迫り合いを展開している中、「アノ騎手」の名前がない。昨年のリーディングであり、今年も大本命となるC.ルメール騎手の名前がリーディング66位と見慣れないところに記載されている。

 まだ始まったばかりの上に、ルメールは昨年の最終週で騎乗停止処分を受けており、今年は”出遅れ”のスタートとなっていた。

 しかし、同じように騎乗停止処分で出遅れとなったM.デムーロ騎手は、すでに8勝を上げ3位と”定位置”に舞い戻っているだけに気になるところ。現在、まだ「0勝」と初星が上がっていない状況だ。

「ルメール騎手の方がデムーロ騎手よりも1週遅れての参戦となり、まだ1日乗っただけですが、10鞍で未勝利に終わってしまいました。並の騎手なら1日勝てないことなど珍しくもないですが、昨年199勝と毎週のように勝ちまくっていたルメール騎手だけに少し心配ですね。2着が6回もあって、調子が悪いとかではないと思いますが”流れ”は決していいとはいないでしょうね」(競馬記者)

 ルメール騎手にとって2018年「初競馬」となった先週14日は、とことんツイていないように見えた。

C.ルメール騎手「年齢」による衰え隠せず? 久々「20連敗」でリーディング66位は凋落の気配か、それとも杞憂かのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  2. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  3. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  4. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  5. JRAエピファネイア産駒の「早熟説」はどこまで本当なのか!? キズナとの比較に明白な違い…エフフォーリア、デアリングタクトに「反証」の期待
  6. JRAアイドルと現役最強馬を産んだ「偉大なる母」が5年ぶりの受胎! 交配相手は故・岡田繁幸氏が絶賛した血筋を引く新種牡馬
  7. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  8. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール
  9. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  10. JRA横山武史の「おさがり」から天敵に格上げ、タイトルホルダーが暴露したエフフォーリアの弱点…ライバル2頭が激突する秋の舞台は?