NEW

JRA「最も難解な騎手」横山典弘の10馬身差圧勝に絶賛の嵐! 競馬ファンを悩ませる”神出鬼没”武豊を超える奇才の「狙い時」とは

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 そういえば22日のAJCC(G2)に出走するミッキースワローも、昨秋に甥っ子の菊沢一樹騎手からバトンを託された馬だった。それまで条件戦でくすぶっていた本馬は、横山典騎手とのコンビでセントライト記念(G2)を制覇している。

 ということはハイランドピークも、このまま横山典騎手と出世街道を邁進するのだろうか。この日のド派手な圧勝劇を目の当たりにしたファンからは、早くもコンビ継続の声が殺到している。

 JRAで最も難解な騎手・横山典弘の「狙い時」が、ようやく1つわかったような気がした。この日達成されたJRA通算1万9000回の騎乗を見て”ようやく”である……。

JRA「最も難解な騎手」横山典弘の10馬身差圧勝に絶賛の嵐! 競馬ファンを悩ませる”神出鬼没”武豊を超える奇才の「狙い時」とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!