NEW

キタサンブラック「種牡馬生活」は売れ残りで大苦戦!? 実は、いくつもあるJRA歴代賞金王が「嫌われる」理由とは

【この記事のキーワード】

, ,


 また初年度の種付け料が、いきなり500万円からスタートしたことに対しても「強気すぎたのでは」という話もあった。これは先述したモーリスやドゥラメンテを上回る金額設定となっている。これも各生産者の出足を鈍らせる要因となっていそうだ。

 実際に三冠馬ナリタブライアンや、前賞金王のテイエムオペラオーらJRAで殿堂入りするような最強クラスの馬でさえ、鳴り物入りで種牡馬入りを果たしたものの”第2の人生”では大きな苦戦を強いられている。似たタイプのキタサンブラックが種牡馬として成功するには、現役時で見せた以上の”反発力”が必要になるのかもしれない。

 ただ、本馬が先述したナリタブライアンやテイエムオペラオーと異なる点は、社台スタリオンステーションで種牡馬入りしていることだ。

「同じヤナガワ牧場出身で昨年末に引退したコパノリッキーが、北海道日高町のブリーダーズスタリオンステーションで種牡馬入りしたように、日高出身のキタサンブラックが社台で種牡馬入りするのは異例のことです。

社台グループはキタサンブラックの種付け料の発表を、本馬の引退レースとなる有馬記念の結果が出るまで引き延ばしており、一連の動きには強い”こだわり”が感じられました。そんな社台がせっかく手に入れたキタサンブラックを蔑ろにするとは思えませんし、今後どう扱っていくのかは注目ですね」(同)

キタサンブラック「種牡馬生活」は売れ残りで大苦戦!? 実は、いくつもあるJRA歴代賞金王が「嫌われる」理由とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!