NEW

キタサンブラック「種牡馬生活」は売れ残りで大苦戦!? 実は、いくつもあるJRA歴代賞金王が「嫌われる」理由とは

【この記事のキーワード】

, ,


 長年、日本競馬の実質的な支配者となっている社台ブランドが誇る社台スタリオンステーションには、キタサンブラックの8倍にあたる種付け料4000万円を誇るディープインパクトを筆頭に、綺羅星のごとく優秀な種牡馬が集っている。そこに集まる繁殖牝馬も当然ながら「綺羅星のごとく優秀」というわけだ。

 超良血馬が集う世界でも有数の激戦区だが、競争を勝ち抜くことで得られるメリットも一際大きい。

 現役時代は幾度となく、周囲の低評価を覆し続けて来たキタサンブラック。引退式で「キタサンブラックの子供で凱旋門賞を」と語った主戦の武豊騎手の思いに報いるためにも、種牡馬としての”ピンチ”も不屈の闘志で覆すことができるだろうか――。産駒のデビューが今から楽しみだ。

キタサンブラック「種牡馬生活」は売れ残りで大苦戦!? 実は、いくつもあるJRA歴代賞金王が「嫌われる」理由とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!