NEW

JRA藤田菜七子「小倉遠征」で若手騎手も「おこぼれ」狙い!?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA藤田菜七子「小倉遠征」で若手騎手も「おこぼれ」狙い!?の画像1

 2018年はすでに2勝をあげ、例年にないペースで勝利を重ねている藤田菜七子騎手。その彼女が、デビュー3年目で初めてローカル滞在すると「スポニチ」が報じた。

 記事によれば、菜七子騎手は2月10日から開催される小倉競馬に1カ月間、同厩舎の先輩である丸山元気騎手とともに滞在。根本調教師は彼女本人の希望も尊重した結果だといい、「心配もあるけど、やらせてみます」と親心あふれるコメントを寄せている。

「菜七子騎手の通算勝利は現時点で22勝。これが31勝を超えるとG1での騎乗資格が得られます。小倉競馬は俗にいう”裏開催”です。今年はエージェントを変更したことで目に見えて騎乗する馬質も向上していますので、勝利するチャンスは十分。本人も『早く31勝したいなと思いますし、G1に乗せていただけるようなジョッキーになりたい』と語っていましたので、ここで大幅に勝利を積み重ねたいところでしょうね」「(競馬誌ライター)

 今年はすで勝利を収めている菜七子騎手だが、昨年の初勝利は小倉競馬場でつかみ取った。思い出深い地である小倉競馬場でG1騎乗の目標を大きく進展させたいところだろう。大目標に向けてひた走る菜七子騎手。だが、この動きが一部の騎手たちにも影響を与えているという。

JRA藤田菜七子「小倉遠征」で若手騎手も「おこぼれ」狙い!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!