NEW

「初代マイル女王」ノースフライト死す。サクラバクシンオーとの激闘は色あせず

【この記事のキーワード】, ,

 そして迎えたマイルチャンピオンシップで、サクラバクシンオーと三度対戦することとなった。レースはサクラバクシンオーが2番手につけ、1番人気を背負うノースフライトがそのすぐ後ろを行く形で進む。最後の直線入口でサクラバクシンオーが先頭に立つも、すぐさまノースフライトが並びかけ、残り200mから2頭の叩き合いとなった。いつ終わるとも知れない争いを制したのは、ノースフライト。サクラバクシンオーに1.1/2馬身差をつけての勝利を飾った。

 このレースを最後にマイル女王は引退、繁殖入りを果たす。だが繁殖牝馬としてノーザンテースト、サンデーサイレンス、エルコンドルパサーなど名馬と交配を重ねるも、目覚ましい活躍をする産駒を輩出することはできず、2011年の不受胎を最後に繁殖からも引退。最大のライバルだったサクラバクシンオーとの交配も一部で期待されたものの、実現することはなかった。

 マイル女王ノースフライトの冥福を祈りたい。

「初代マイル女王」ノースフライト死す。サクラバクシンオーとの激闘は色あせずのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「絶縁」噂のトレーナーと4年9ヶ月ぶりの白星! 懇意の『ウマ娘』藤田晋オーナー所有馬も所属、関係修復で依頼数「増加」なるか
  2. JRA単勝1.9倍「幻の桜花賞馬」が痛恨の敗戦……川田将雅×中内田充正厩舎「黄金コンビ」に続く秋華賞(G1)制覇の試練
  3. JRA「大差レコード負け」からジョッキーも信じられない奇跡!? 約2年20戦の時を経て「2着馬」が10馬身差の圧勝でレコード再更新
  4. JRAラジオNIKKEI賞(G3)「遅れてきた大器」が無傷の3連勝! ドゥラメンテ調教師が「南半球の怪物」と初めてクラシック制覇を見据えた日
  5. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  6. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  7. JRA C.スミヨン「入線後」の斜行でも12日間の騎乗停止! 過去には武豊とも一悶着…イギリスでやらかした「お粗末騎乗」にファンも納得?
  8. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  9. JRA【七夕賞(G3)展望】棚ぼた勝利は難しいハンデ戦!? 「G1除外の無念」ヒートオンビートVS「福島の鬼」ヴァンケドミンゴ!
  10. JRA武豊×蛯名正義「同期タッグ」が北の大地でOP初挑戦! 騎乗するのは縁ある「女帝」の孫。重賞初挑戦へ繋がる勝利にかかる期待