NEW

武豊「マジギレ騒動」第2幕が開戦!? 史上最悪の決着以来、”因縁”の女王対決に「本人不在」の理由は……

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
武豊「マジギレ騒動」第2幕が開戦!? 史上最悪の決着以来、因縁の女王対決に「本人不在」の理由は......の画像1

 24日に大井競馬場で行われるTCK女王盃(G3)は「因縁の対決」となりそうだ。

 昨年11月に行われたダート牝馬No.1決定戦・JBCレディスクラシック(G1)は”疑惑”の決着となり、競馬ファンからも大きな注目を浴びた。勝ったのは大井・荒山勝徳厩舎のララベル。史上初の地方馬によるJBCレディスクラシック勝利という快挙を成し遂げた。

 管理する荒山勝徳調教師もレース後のインタビューで感極まり号泣。これだけなら祝福ムードに包まれても良かったのだが、如何せん「勝ち方」が良くなかった。

「ご承知かもしれませんが、あと味はよくありません」

 後日、自身の公式ホームページ内でそう異を唱えたのは2着馬プリンシアコメータに騎乗していた武豊騎手だ。

 レースでは最後の直線でプリンシアコメータとララベルが併せ馬の形になったが、武豊騎手は「内ラチに接触しそうになるぐらい外から押し込まれていた」と綴り、「プリンシアコメータにも余力があったので、押し返すことができて事故にはなりませんでしたが、見た通り、大きな不利でした」と、普段温厚で有名な人物が珍しく怒りの声を露にしている。

 それもそのはずで、レース後に当レースのパトロールビデオがネット上でも公開されたが、SNSや掲示板などでも「これはアウト」「G1でこんなことやるなよ」「不利がなければ逆転あったのでは?」など、後味の悪い疑惑の決着に批判が殺到していた。

 なお、着順の入れ替えこそなかったもののララベルの鞍上・真島大輔騎手は2日間の騎乗停止処分を受けている。

武豊「マジギレ騒動」第2幕が開戦!? 史上最悪の決着以来、”因縁”の女王対決に「本人不在」の理由は……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!