NEW

JRA「引退事情」でディサイファがフェブラリーS挑戦!? 調教師”ラスト”をG1出走で……

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA「引退事情」でディサイファがフェブラリーS挑戦!? 調教師ラストをG1出走で......の画像1※画像:ディサイファ 『競馬つらつら』より

 JRA・G1戦線の開幕を告げる「ダート王決定戦」フェブラリーS。今年も、昨年暮れのチャンピオンズC(G1)を制したゴールドドリーム、東海S(G2)を圧勝したテイエムジンソクら一線級のダート馬たちがしのぎを削ると見られている。だが、そこに1頭毛色が違う馬が混ざるかもしれない。それはディサイファ(牡9歳、美浦・小島太厩舎)だ。

 先日開催されたアメリカジョッキーC(G2)では蛯名正義騎手とタッグを組み、好位から早めの仕掛けで4着。約1年ぶりに掲示板内に入る好走を見せていた。発表された次走予定は中山記念(G2)が既定路線としつつも、フェブラリーSへの出走を視野に入れていると伝えられている。

 45戦という長いキャリアを誇るディサイファ。同馬はまだ重賞への挑戦権がなかった4歳時に500万下のダートを2戦経験している。だが、武豊騎手を背に出走したものの5着と2着。イマイチな結果に終わり、その後は再び芝に専念している。

 いくら未経験ではないとはいえキャリアのほとんどを芝で戦ってきた馬が、突如ダートのG1に向かうというのは無謀としかいいようがない。だが、このディサイファのダートG1挑戦は実際に行われる可能性も決して低くはないという。

JRA「引退事情」でディサイファがフェブラリーS挑戦!? 調教師”ラスト”をG1出走で……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!