NEW

パチンコが社会に貢献!?「暗い」イメージ払拭を目指す重要テーマへ迫る!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
kyuuseisyu.jpg

 1月18日、東海地方を中心にパチンコホールを展開する株式会社平成観光が行った福祉・環境活動が話題になっている。

 店舗スタッフの有志で構成されるボランティア団体『eco友』が、店舗で回収したアルミ缶・プルタブ・ペットボトルキャップなどをリサイクル業者へ持ち込んだことを発表。この活動で得たお金は、車椅子や絵本の寄贈などにあてられるという。

 このような動きは、パチンコ業界において特別なものではない。行政や自治体、関連団体と連携した社会福祉や地域防犯、青少年育成などの取り組みは、業界団体や個々の店舗で展開されている。業界の透明性や健全性のアピールという面からも、地域共生と社会貢献はますます重要なテーマになっているのだ。

 今回は、パチンコ業界による社会貢献の取り組みを紹介したいと思う。

自然の大切さを子供たちへ!『共生の森』

 未来を担う子どもたちに自然の大切さを知ってもらうことを願い、日本遊技関連事業協会(日遊協)は平成20年(2008)11月に埼玉県嵐山町で里山づくり10年計画「共生の森」事業をスタート。

 同町所有の5.22ヘクタールの土地に、5年間かけてさまざまな種類の苗木約1000本を植樹するとともに、継続的な手入れを行ってきました。

 昨年7月には3回目の「子ども自然塾」を開催。同施設の敷地内の木にはどのような虫がいるのかを観察すると共に、虫取りや丸太切り体験を行ってもらうことで「森の重要性を考える」という意義のある時間を提供しています。

パチンコが社会に貢献!?「暗い」イメージ払拭を目指す重要テーマへ迫る!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!