NEW

キタサンブラック「元ライバル」が復活勝利を目指し出陣! 強豪集う白富士Sでリアファル再覚醒なるか

【この記事のキーワード】, ,
キタサンブラック「元ライバル」が復活勝利に出陣! 強豪集う白富士Sでリアファル再覚醒なるかの画像1※画像:リアファル 『競馬つらつら』より

 キタサンブラック、ドゥラメンテなど名だたる名馬と匹敵する実力を秘めるとされながらも、故障に泣いた素質馬・リアファル(牡6歳、栗東・音無秀孝厩舎)。同馬が復活をかけて27日(土)に開催される白富士Sへ出走を予定している。

 春の2冠馬ドゥラメンテが不在の中、開催された第76回菊花賞(G1)。栄冠に輝いたのはキタサンブラックだったが、このレースで1番人気に推され、最も栄冠に近かった馬がリアファルだった。

 リアファルは当初ダート路線で活躍していたものの、芝レース初挑戦となったマレーシアCで高い芝適性を見せ快勝。続く神戸新聞杯(G2)ではリアルスティールを破って勝利し、突如現れた新星としてその評価を一気に高めていた。

「菊花賞こそ3着に敗れたものの、期待値で言えばキタサンブラック以上だったでしょうね。復帰するドゥラメンテとの直接対決も大いに期待されました。それだけに有馬記念(G1)でのレース中に左前脚の腱鞘炎の発症は残念すぎました。結局、約1年後に復帰したものの、2走した後に歩様に乱れが出たとして再び長期休養入り。ライバルとの戦いの前に、常に自身の体と戦っていた印象がありますね」(競馬誌ライター)

 2度目の長期休養を終えたリアファルは今年ダートのOP特別・ポルックスSへ出走。4人気に支持されて道中は6番手で進むも、最後の直線で加速がつかず、9着。今後に不安を抱かせる結果に終わっている。

キタサンブラック「元ライバル」が復活勝利を目指し出陣! 強豪集う白富士Sでリアファル再覚醒なるかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「痛かった」C.ルメール「信じられない」致命的な不利に審議も制裁もなし、ソダシ快勝の裏で被害者大量発生……あの騎手の「危険騎乗」に恨み節続々
  2. JRA C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……日本ダービー(G1)イクイノックス騎乗消滅の危機回避も、一部ファンからは「忖度」の声
  3. JRA【オークス(G1)展望】桜花賞馬を“捨てた”川田将雅の決断…大混戦「樫の女王決定戦」は新星アートハウスVS桜花賞組!
  4. JRA日本ダービー(G1)「重賞勝ち」でも除外……ボーダーは史上最高レベルか。C.ルメール絶賛の「大器」が出走危機、安藤勝己氏の推奨馬は出走絶望に
  5. JRA「何故」ソダシの独壇場だったのか。G1馬5頭の史上最高メンバー集結も、拍子抜けのワンサイド…楽勝劇を生んだ「思惑」の交差と「想定外」のアクシデント
  6. JRA日本ダービー(G1)横山典弘「騎乗停止撤回」を申し出るも却下に不満の声。息子「やってやりますよ!」に期待
  7. JRA「ウマ娘」藤田晋オーナーの快進撃に急ブレーキ!? 新人オーナーに降りかかった競馬の“洗礼”…日本ダービー(G1)参戦を見据える使い分けが招いた「2つの悲劇」とは
  8. JRA藤田菜七子に「不満」の先輩騎手!? 酒席「断りまくり」の裏側
  9. 「驚くくらい活躍する」元JRA細江純子氏の予言が現実に…藤田菜七子“待望の2勝目”も霞む、女性騎手の「エース候補」が“神騎乗”連発!
  10. JRA繰り返される「危険騎乗」に賛否!? 落馬負傷から復帰1カ月も「鳴かず飛ばず」松山弘平に焦りの影