NEW

パチンコ店「全面禁煙」は全国ホールに蔓延か? 喫煙規制「ホール衰退」囁かれるも「お上」追い込み喫煙規制

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチンコ店「全面禁煙」は全国ホールに蔓延か? 喫煙規制「ホール衰退」囁かれるも「お上」追い込む喫煙規制の画像1

 2020年開催の東京オリンピックに向け、受動喫煙対策が活発化している昨今。昨年政府は、たばこ税を1本当たり3円増税する方針を発表。2014年以来の増税となり、喫煙率はさらなる低下が見込まれる。

 現に、JTが発表した全国たばこ喫煙者率調査」によれば、2016年では喫煙者数は男女合わせ2027万人だったものの、2017年は1971万人に減少したという。今に始まったことではないが、全体的に減少傾向にあるようだ。

 しかし、パチンコホールでの喫煙率は大きく変わっていない印象である。パチンコ機器メーカーのサン電子によれば、パチンコ店の喫煙率はおそらく50%程度、ヘビーユーザーが集まるホールであればそれを超える店舗もあるという。実際にホールへ足を運べば、その実態は明らかである。

 だが、昨今のパチンコ店は喫煙自体を禁止、また分煙に取り組むホールが増え始めているようだ。

「昨年10月、神奈川県内にオープンしたマルハン新厚木では、iQOS(アイコス)は『全フロア』で喫煙可能、紙タバコは『フロア全面禁煙』で喫煙専用室のみ喫煙可とした地域初の取り組みは、パチンコユーザーの大きな話題を集めました。

また、全国規模でこのようなパチンコ店が増加傾向にあり、禁煙パチンコ店のみを探せるポータルサイト『禁煙パチンコ』が注目されています。パチンコユーザーならお馴染みの店舗検索サイト『P-WORLD』と同じ要領で全国の禁煙・分煙ホールが検索でき、設置機種も把握できます。たばこの煙が苦手な方、現在禁煙中のユーザーにとっては便利なサービスですね」(記者)

 確かに、喫煙者ではないユーザーにとっては喜ばしい流れといえるだろう。だが、いまだにパチンコホールは多くの喫煙者が存在している。そうしたなかで、禁煙・分煙ホールがさらに増加すれば、遊技人口のさらなる減少が予測されるが……。

パチンコ店「全面禁煙」は全国ホールに蔓延か? 喫煙規制「ホール衰退」囁かれるも「お上」追い込み喫煙規制のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!