NEW

【きさらぎ賞(G3)展望】ダノンマジェスティ「ダノックス最後の矢」にアクシデント? 良素質メンバー相手に圧巻2連勝なるか

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 カツジは父ディープインパクト、母メリッサ、母父ホワイトマズルという血統。デビュー戦を快勝し、デイリー杯2歳S(G2)に向かった。レースではスタートから果敢に飛び出して前で競馬を展開するも、最後の直線でジャンダルムに交わされてしまい、1.1/4馬身差で2着。重賞制覇まであと一歩というところで涙を飲んだ。

 その後は朝日杯フューチュリティS(G1)で2歳王者を目指すも左脚フレグモーネのため、直前で回避。ひやりとさせられたもの、大事には至らなかった様子だ。仕切り直しとなるきさらぎ賞で、休養明けVを達成してクラシック戦線に名乗りを上げたいところだろう。

 これらに続くと見られるのがグローリーヴェイズ(牡3歳、美浦・尾関知人厩舎)だ。父ディープインパクト、母はメジロライアンにつながる血統を持つメジロツボネ、母父はスウェプトオーヴァーボード。

 デビュー戦ではM.デムーロ騎手を背に快勝。2戦目のこうやまき賞は浜中俊騎手とタッグを組み連勝を目指すもカフジバンガードにアタマ差で2着と惜敗した。今回は再びデムーロ騎手を鞍上に迎えて、重賞初制覇を目指す。

 これら以外にも連勝を目指すレッドレオン、新馬戦を逃げて圧勝したサトノフェイバー、今回で3度目の重賞挑戦となるスラッシュメタル、芝レース初挑戦となるダート馬・メイショウヒサカタなどが虎視眈々と機をうかがう。

 これまでも幾頭も3歳クラシック戦線の主役を輩出しているきさらぎ賞。今年はどの馬が制してクラシック初戦に向けて幸先のいいスタートを切ることができるのだろうか? 好走を期待したい。

【きさらぎ賞(G3)展望】ダノンマジェスティ「ダノックス最後の矢」にアクシデント? 良素質メンバー相手に圧巻2連勝なるかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!