NEW

M.デムーロ騎手と「伝説の大穴騎手」がガチ切れ抗争!? AJCC(G2)を「クソレース」にした舞台裏

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
M.デムーロ騎手と「伝説の大穴騎手」がガチ切れ抗争!? AJCC(G2)を「クソレース」にした舞台裏の画像1

 先月21日に中山競馬場で行われたAJCC(G2)は、4歳馬のダンビュライトが優勝。クラシック3冠を3、6、5着で走り抜けた世代屈指の実力馬が、念願の重賞初タイトルを手にした。

 だがこのレース、伏兵のマイネルミラノが後続を大きく引き離して逃げ、ダンビュライトが続く縦長の展開ながら、1000m通過は61.3秒のスローペースという異様な展開だった。

 こうなると前が簡単に止まるはずもなく……レースは結局、2番手のダンビュライトがそのまま押し切り勝利。逃げたマイネルミラノも3着に粘る典型的な前残りの展開。一方、1番人気のミッキースワローは後方から早めに追い上げたものの2着確保が精一杯という、まさに極端な展開に泣いた結果だった。

 無論、中長距離のレースでは度々こういった展開の紛れが発生するが、結果的に展開に恵まれて勝った感のあるダンビュライトの本当の強さがわからず仕舞いなのは、競馬ファンにとっては不本意といるのかもしれない。一部からは重賞であるまじき「クソレース」という厳しい声もある。予定されている次走の大阪杯(G1)では、取捨の難しい1頭になりそうだ。

 ただ、今回のAJCCが”縦長スローペース”という異様な展開になったことには、1つ要因があるようだ。そのカギを握ったのが、ダンビュライトと並ぶような形で番手を追想していたトミケンスラーヴァと江田照男騎手である。

 ここまで逃げて結果を残してきたトミケンスラーヴァだったが、この日は内枠から好スタートを切ったものの、ハナを主張したマイネルミラノにあっさりと主導権を明け渡している。得意の展開に持ち込めなかった本馬は、勝負所でズルズルと後退。結局8着に惨敗してしまった。

M.デムーロ騎手と「伝説の大穴騎手」がガチ切れ抗争!? AJCC(G2)を「クソレース」にした舞台裏のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!