NEW

JRAも驚きの「テトリス失敗」の悲劇? フランス凱旋門賞(G1)のロンシャン競馬場「新スタンド」が芸術性を追い求めた結果……

【この記事のキーワード】, ,

 日本競馬にとって、今や「至上命題」となっているフランスの凱旋門賞(G1)がロンシャンに帰ってくる。

 ここ2年はロンシャン競馬場が改修工事を行うため、シャンティイ競馬場で代替え開催。工事が終わった今年は、いよいよリニューアルされたロンシャン競馬場で開催されることになりそうだ。

 どうせ勝つなら”本場”で勝ってほしいというだけでなく、シャンティイ競馬場では2016年にマカヒキが、2017年にはサトノダイヤモンドとサトノノブレスが、それぞれ見せ場もなく大敗しているだけに、日本の競馬ファンにとっても「朗報」といえるロンシャン競馬場のリニューアルオープン。ただ、そのすべてが手放しで歓迎されているわけではないようだ。

「一体、何がどうなってこうなったんだ……?」

 一部の競馬ファンからそんな声が聞かれるのは、この度ロンシャン競馬場の改修と共に誕生した「新スタンド」の姿だ。フランス競馬を取り仕切るフランスギャロが総工費1億4000万ユーロ(約185億円)を掛けて建設した、ロンシャン競馬場の新たなシンボルだが「本当にこれで完成なの?」という声が上がっている。

 というのも、この新スタンドはまるで細長いブロックを4段重ね、5段目をあえて横に大きくスライドさせたような設計。日本の競馬場ではまず考えられない、効率やスペースの問題を大きく無視した斬新なデザインだからだ。

 どうやら世界的な実績を持つフランス人の建築家ドミニク・ペロー氏がデザインを担当したようだが、JRAの競馬場などにある機能性を重視した単純な四角いスタンドを見慣れた日本の競馬ファンからすれば「最上階が滑走路になっている空母みたい」「これ、テトリス失敗したやつや……」「リーゼントにしか見えん」など散々な様子。特徴的なつっぱりならぬ”でっぱり”を見せる最上階のデザインに戸惑いの声が集まっている。

JRAも驚きの「テトリス失敗」の悲劇? フランス凱旋門賞(G1)のロンシャン競馬場「新スタンド」が芸術性を追い求めた結果……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  3. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  4. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  5. JRAアイドルと現役最強馬を産んだ「偉大なる母」が5年ぶりの受胎! 交配相手は故・岡田繁幸氏が絶賛した血筋を引く新種牡馬
  6. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール
  7. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  8. JRAエピファネイア産駒の「早熟説」はどこまで本当なのか!? キズナとの比較に明白な違い…エフフォーリア、デアリングタクトに「反証」の期待
  9. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  10. 元JRA藤沢和雄氏「悲願」の陰にあったある牝馬の物語……超異例「5歳夏」デビュー馬がたどり着いたG1舞台と引退直後の秘話