NEW

京都記念(G2)レイデオロ「代打バルジュー」は大正解!?「不安要素」と囁かれるイタリアの名手が「マジになる」理由

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
京都記念(G2)レイデオロ「代打バルジュー」は大正解!?「不安要素」と囁かれるイタリアの名手が「マジになる」理由の画像1

 昨年の日本ダービー馬レイデオロが、11日の京都記念(G2)から始動する。

 昨年は日本を代表する名伯楽・藤沢和雄調教師に、悲願の日本ダービー制覇をプレゼントした同馬。秋には神戸新聞杯(G2)で、後の菊花賞馬キセキを相手に2馬身差の完勝。ジャパンC(G1)でも敗れはしたものの、キタサンブラックに先着を果たす2着と「世代No.1」という評価は揺るぎないものとなっている。

 そんなレイデオロにとって、今春のターゲットはドバイシーマクラシック(G1)となる。

 同レースには英国のクラックスマンも出走を予定しているが、同馬は昨秋の英国チャンピオンS(G1)を7馬身差で圧勝したことで、レイデオロの同厩となるソウルスターリングに替わって「世界最高のフランケル産駒」の座に君臨。レイデオロ陣営にとっては、世界の舞台で ライバルを叩いておきたいところだ。

 そのためにも負けられない今回の京都記念。皐月賞馬アルアインを始め同世代の猛者が顔を揃えたが、受けて立つレイデオロにとっては再び「世代No.1」を証明する絶好の機会といえる。1週前追い切りでは主戦のC.ルメール騎手がわざわざ栗東から駆けつける念の入れ様。併せ馬で遅れたものの「馬が朝の調教で頑張っても賞金は出ないことをわかっている」と笑い飛ばせるほど、状態は良好なようだ。

 そんな昨年のダービー馬以上に、この一戦に並々ならぬ意欲を燃やしているであろう男がいる。今週末から短期免許で来日するD.バルジュー騎手だ。

 主戦のルメール騎手が騎乗停止になったことで、突如舞い込んだレイデオロの騎乗依頼。今回で2年ぶり11度目の日本競馬参戦となるイタリアの名手にとっては、2014年以来となるJRA重賞制覇の大チャンスが巡ってきたことになる。

京都記念(G2)レイデオロ「代打バルジュー」は大正解!?「不安要素」と囁かれるイタリアの名手が「マジになる」理由のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!