NEW

パチスロ「出玉規制」が及ぼす唯一の”メリット”とは…… 新台導入「減少」ホール経営手腕が問われる今

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチスロ「出玉規制」が及ぼす唯一のメリットとは...... 新台導入「減少」ホール経営手腕が問われる今 の画像1

 昨年10月から出玉リミッターが搭載された「5.9号機」の開始に伴い、「20機種以上」のパチスロ機が導入され、規制前の”駆け込み販売”が展開された。だが、10月以降からこれまで「10機種程度」の販売のみで収まっている状況である。

 やはり、ART機などに搭載されている「指示機能(アシスト)」が「最大1500G」、つまり一撃の獲得枚数が最大「3000枚」と出玉規制が及ぼした影響は大きいといえる。実際遊技したプレイヤーからは「これは打てない」と厳しい意見が相次ぎ、この現状に対し「デメリットしかない」と思われがちだが……。

 この新台導入が少ないという状況を「メリット」と感じるユーザーも実は少なくないようだ。

「パチンコ店にとって新台を購入する費用は、経費のなかでもダントツを占めているでしょう。パチスロ・パチスロの販売価格は40万円ほど。それも人気機種となれば、30台以上が導入されますね。まとめ買いの割引が適用されたとしても、1000万円以上は掛かります。

しかし、新台導入が控えめの今、必然的に購入費用は余るはず。その余剰分を客に還元できるとも考えられますね。ユーザーからは『パチスロの設定状況が良くなった』との声も多いです。もちろん、地域やホールの資金力によってはこの先を見据えてプールしている企業もあるはず。還元するのは、ユーザーを囲い込む手段の1つといえるでしょう」(記者)

 実際、サミー機種限定となるが、各地域の設定状況が把握できる『カチナビ』を見ると、以前よりも設定状況的に盛り上がっている印象を受ける。不評が続く5.9号機唯一の”恵み”なのだろうか。

 そして、この現状に対する「ホールの取り組み」はこれからの経営状況を左右するようだ。

パチスロ「出玉規制」が及ぼす唯一の”メリット”とは…… 新台導入「減少」ホール経営手腕が問われる今のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事