NEW

大阪杯(G1)「最強面子」でJRAウハウハ!? 「中距離No.1決定戦」出走予定馬が異常にすごい

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
大阪杯(G1)「最強面子」でJRAウハウハ!? 「中距離No.1決定戦」出走予定馬が異常にすごいの画像1

 今年の4月1日に開催される大阪杯(G1)。G1競走になって2回目の開催となる。昨年はキタサンブラックが見事な勝利で初代王者となったが、今年も「アツいレースになる」とすでに大きな話題をさらっている。

 昨年はキタサンブラックを軸としたライバルたちの争いだったが、今年は「豪華メンバーの凌ぎの削り合い」が楽しめそうである。

 まず、昨年の凱旋門賞惨敗以来、いまだレースに姿を現していないサトノダイヤモンド(牡5 栗東・池江厩舎)が最大の注目か。3歳時に菊花賞と有馬記念を制したが、昨年はG1未勝利。天皇賞・春でキタサンブラックに完敗し、レコードタイムとなった激しい走りの疲れが尾を引いたという説も。

 2歳時から「怪物」と大きな話題を集め、3歳時もその期待に違わぬ結果を見せてくれたサトノダイヤモンド。現在はその状態や強さに疑問符がついてしまっているが、大阪杯を制することができれば、再び現役トップクラスの称号を得られるに違いない。

 そんなサトノダイヤモンドと前哨戦の金鯱賞でぶつかるのが、昨年の日本ダービー2着馬スワーヴリチャード(牡4 栗東・庄野厩舎)である。こちらもすでに大阪杯参戦を見据えているが、同馬で気になるのは、やはり競馬場適性だろう。

大阪杯(G1)「最強面子」でJRAウハウハ!? 「中距離No.1決定戦」出走予定馬が異常にすごいの画像2

 ここまで左回りでは4戦2勝2着2回と抜群の安定感を誇り、昨年のアルゼンチン共和国杯では古馬を一蹴する圧巻の勝利。逆に右回りのG1競走2戦では馬券圏内に入ったことがない。皐月賞、有馬記念とトップホースが集ったレースでの結果だけに一概にはいえないが、パフォーマンスの差だけ見れば一目瞭然ともいえる。「強い4歳世代」の筆頭格として前哨戦は得意の左回りで勝利をつかみ、本番で「苦手説」を克服できれば、自ずと頂点は見えてくる。

大阪杯(G1)「最強面子」でJRAウハウハ!? 「中距離No.1決定戦」出走予定馬が異常にすごいのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事