NEW

パチスロ「5.5号機」最高価格「300万円」から大暴落…… 規制緩和「AT復活」「純増制限なし」も重くのしかかる「6号機」出玉規制

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチスロ「5.5号機」最高価格「300万円」から大暴落...... 規制緩和「AT復活」「純増制限なし」も重くのしかかる「6号機」出玉規制の画像1

 昨年9月をもって新規販売を終了したパチスロ「5.5号機」は、出玉リミッター搭載の5.9号機や新規則6号機など大幅に低下した出玉規制によって、中古実機価格の大暴騰が多く見られた。なかには中古価格がなんと300万円を突破した台もあり、異常な価格推移が続いていたのである。

 しかし、先月末から「5.5号機」の中古価格は急激に下落している。「中古機相場.com」によれば、5.5号機唯一の成功者『聖闘士星矢 海皇覚醒』は、先月の中旬頃まで300万円だった価格が現在は約250万円まで急落。その他『政宗2』『織田信奈の野望』など高価格で推移していた機種も、同時期を過ぎてから30万円以上値下がりしている状況である。

 これまで異常な価格で推移していたにもかかわらず、なぜここまで急落しているのか。検定期間中の中古機であれば現在も設置は可能なため、5.5号機に対する需要は変わらないはずだが……。

 やはり先月末、出玉面に関して発表されたあのニュースの影響が大きいようだ。

「自主規制の緩和が大きいでしょうね。開発が不可能であった『AT機能』の復活、さらに『純増枚数の上限撤廃』まで緩和されました。瀕死確実と言われていた6号機とっては『救い』ともいえる内容でしょう。

今回の緩和発表を受けて安堵したのか、5.5号機に対する需要が一気に急落したのかもしれません。まあ『聖闘士星矢 海皇覚醒』の設置期限は残り2年弱。期間を考えると『1台に300万円は高すぎ』『購入費用を他に充てる』と判断したホールさんもいたでしょうが」(記者)

パチスロ「5.5号機」最高価格「300万円」から大暴落…… 規制緩和「AT復活」「純増制限なし」も重くのしかかる「6号機」出玉規制のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!