NEW

パチスロ「5号機最後の革命」新機種発表も不安要素大アリ? 獲得枚数「最大100枚差」異例の新スペックも「筐体」敬遠されるわけ

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチスロ「5号機最後の革命」新機種発表も不安要素大アリ? 獲得枚数「最大100枚差」異例の新スペックも「筐体」敬遠されるわけの画像1

 今週導入を迎えた、平和の看板コンテンツ『パチスロ 乙女マスターズ 空を翔る白き軌跡』。これまでの「戦国乙女」シリーズとは一線を画した「ゴルフ」が舞台だ。スペックがボーナス+RTという親しみやすさに加え、その合算確率は設定1でも約1/108と遊びやすさを追求。同社の代表コンテンツらしい活躍を見せている。

 ただ、同社の看板機種で忘れてはならないのが、国民的アニメ「ルパン三世」シリーズだ。

 これまでパチスロで登場した数は、本家『ルパン三世』やスピンオフ作品『主役は銭形』などを含めると約10機種にも及ぶ。平和を代表する人気コンテンツである。

 そんな「ルパン三世」シリーズから今年春、新機種『ルパン三世不二子Type-A+』の導入が決定。気になるスペック面に関し、遊技機販売の総合商社「株式会社ファイブ・プランニング」が詳細を明らかにしている。

 3種類のボーナスで構成される本機は、最大402枚を獲得できるSBB、平均獲得枚数が約350枚のNBB、そして103枚の獲得が見込めるRBを搭載。SBB後は必ずRTに突入し、その他ボーナスでもCZ経由でRT突入のチャンスが得られるようだ。

 そして最も注目すべきなのは、本機PVで銘打たれている「5号機Aタイプ史上、最後の革命」「Aタイプの新機軸」という点である。

「ボーナスによっては獲得枚数が大幅に変動する仕組みのようです。その出玉幅はなんと100枚弱。技術介入と運が左右するようですが、ここまで出玉幅があるのは”5号機史上初”かもしれません。強いて言うなら、技術介入機で話題を呼んだ『3×3EYES ~聖魔覚醒~』のチャレンジBOUNS中ぐらいです。最低64枚弱、最高で112枚なので50枚程度の振り幅。今回の『不二子』はその2倍ですからね。この数字は驚異的です。

まだどの程度の技術と運が求められるか明らかになっていませんが、注目すべき機種であることは間違いないですね」(記者)

 ボーナス獲得枚数が大きく変動する画期的なシステムに加え、平和を代表する人気版権「ルパン三世」シリーズ。パチスロユーザーからの注目は高まるばかりだ。

パチスロ「5号機最後の革命」新機種発表も不安要素大アリ? 獲得枚数「最大100枚差」異例の新スペックも「筐体」敬遠されるわけのページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!