NEW

京都記念(G2)「勝ちに行く」クリンチャー陣営の強気に震える……菊花賞「粘り腰」と天の恵み?

【この記事のキーワード】, ,
京都記念(G1)「勝ちに行く」クリンチャー陣営の強気に震える......菊花賞「粘り腰」と天の恵み?の画像1

 11日に開催される京都記念(G2)。今年はレイデオロ、モズカッチャン、ディアドラ、アルアインと今年の主役を張るに値するG1ホースが出走する。

 一方、G1どころか重賞馬ではないが、陣営がとにかく「攻め気」な馬がいる。それが、昨年の菊花賞2着馬クリンチャー(牡4 栗東・宮本博厩舎)だ。

 クリンチャーここまで7戦2勝、昨年のクラシックを完走し、日本ダービーこそ惨敗したが皐月賞は4着、菊花賞は2着と世代トップクラスの活躍を”地味に”続けてきた馬だ。ディープスカイ産駒としては1番馬といえる。

 今回の「4強」と比較すると実績面と派手さで見劣りするクリンチャー。しかし今、この馬が一気にスター候補になる「お膳立て」が整いつつあるようだ。

 クリンチャーのこれまでの2勝はどちらも2000m以上。今回の2200mという距離は、競馬場こそ違うが2勝目を上げたすみれSと同じである。距離への不安はなく、むしろもっと長いほうがこの馬にとってはベストか。

 さらに、この馬の「ベストレース」といえるのが菊花賞2着の内容だ。道中11番手から3コーナー付近でまくり気味に進出。その後もペースを落とさず、直線を先頭で迎える。追い出した後続が迫りくるもクリンチャーの脚色は衰えず、先頭での粘り腰を披露した。

 最後は別次元の脚で伸びてきたキセキに差され突き抜けられたが、インを伸びてきたポポカテペトルとの叩き合いを制し2着を確保。積極的に動く競馬で結果を残したが、同馬のスタミナと馬場適性を見切った藤岡佑介騎手のファインプレーともいえる。

京都記念(G2)「勝ちに行く」クリンチャー陣営の強気に震える……菊花賞「粘り腰」と天の恵み?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA日本ダービー(G1)「回避」名伯楽“秘蔵っ子”が戦列にカムバック! エフフォーリア「強奪未遂」C.ルメールに訪れた悲しき顛末
  2. JRAトウカイテイオー「最後の希望」に超良血牝馬!? 関係者から「正直、勿体ないレベル」という声も…皇帝・帝王の系譜が奇跡の復活へ
  3. 元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい」名指し批判!? ソダシ吉田隼人は大絶賛も…“槍玉”に挙げられた意外な騎手
  4. JRA武豊、金子真人オーナーも見誤った「18冠ベビー」たち…アーモンドアイ×モーリス「15冠」を超える大物の冴えない現状
  5. JRAオークス(G1)今週も続く「前残り警報」はノーマーク厳禁! 18番人気でも残れた超スローの元凶…「消極騎乗」不可避で絶対に狙いたいアノ馬
  6. JRA北村友一、横山一家と「全面戦争」勃発か…浦島状態がもたらした「立ち位置」の変化と大き過ぎた代償
  7. JRAオークス(G1)武豊「まともだったらひょっとした」のモヤモヤから14年…「普通のレースなら文句なしに降着」とまで言われた池添謙一の大斜行
  8. JRA武豊「痛かった」C.ルメール「信じられない」致命的な不利に審議も制裁もなし、ソダシ快勝の裏で被害者大量発生……あの騎手の「危険騎乗」に恨み節続々
  9. JRA武豊「繰り返しの愚行」がダービーVサイン!? スペシャルウィーク、アドマイヤベガ、「僕は帰ってきました」発言キズナに共通していたもの
  10. JRAオークス(G1)「負け組脱出」の第一歩は悩むより迅速な決断…川田将雅、C.ルメールが乗り替わり、「万馬券」の決め手は常識にとらわれないこと