NEW

フェブラリーS(G1)テイエムジンソク「最悪データ」発覚で大ピンチ!? 悲願のG1制覇を目指す主戦騎手がキャリア22年で「まさか」の……


 古川騎手といえば、今も第一線で活躍する福永祐一騎手や和田竜二騎手、柴田大知騎手などと同期となるJRA競馬学校「花の12期生」の1人。1996年の騎手デビューから今年で22年目、41歳を迎えるベテランだ。

 出世街道を歩んできた同期と比較して「苦労人」と称されることの多い古川騎手だが、それでもJRA通算8211戦に騎乗。442勝(2月12日現在)を上げるなど、豊富なキャリアを持つ騎手の1人であることに間違いない。

だが、まさか馬だけでなく、騎手もフェブラリーSの舞台である東京ダート1600mを勝ち切った経験がないとは……。

「それどころか古川騎手は東京のダートコースで勝った経験がありません。もちろん、関西所属の騎手なので、東京で騎乗する機会が多いというわけではありませんが、2008年以降を振り返っても最高着順は4着。ここ10年、1度も馬券圏内(3着以内)にすら入っていないという悲惨さです。

ちなみに芝コースなら、昨年のオーロカップ(OP)を5番人気のトウショウピストで勝利、一昨年のキャピタルS(OP)では10番人気のテイエムイナズマで2着、2014年の目黒記念(G2)では12番人気のラブイズブーシェで2着など『穴のフルキチ』は健在なんですが……。東京ダートは、どうにも相性が悪いと述べざるを得ませんね」(ギャンブルジャーナル・データ班)

フェブラリーS(G1)テイエムジンソク「最悪データ」発覚で大ピンチ!? 悲願のG1制覇を目指す主戦騎手がキャリア22年で「まさか」の……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!