NEW

JRAイチの「嫌われ者」調教師の独裁っぷりがヤバすぎる……トレセンで評判最悪、新所属騎手も「渋々」?

【この記事のキーワード】

, ,

JRAイチの「嫌われ者」調教師の独裁っぷりがヤバすぎる......トレセンで評判最悪、新所属騎手も「渋々」?の画像1

 競馬は騎手や調教師、厩舎スタッフ、オーナー、生産牧場など多様な「人間関係」によって成り立つもの。だからこそ多くのドラマがあり裏側というものがある。

「人間関係」が主軸というのは、競馬界に限らず一般社会の多くの仕事や場面でも同じこと。そこには称賛される人や疎まれる人、好かれる人や嫌われる人もいるものだ。

 今回紹介するのは、JRAの数あるG1競走の中でもトップクラスの価値を持つレースを制するなど、多くの強豪馬を管理してきた「調教師X」についてである。この人物、とにかくトレセン内の評判が「最悪」だというのだ。

 前述のG1ホースのみならず、すでに複数の馬でG1を制しているXの手腕はまさに一流。G1どころか平場の勝利を重ねるのも容易ではない調教師が多い中で考えればまさに「名伯楽」といえるだろう。

 ではなぜ、このXがトレセン内でここまで嫌われてしまうのか。

「どうやらかなりの『独裁政治』で知られているようです。管理する頭数の割に成績がいいので腕は一級品なんですが、いかんせん融通がきかないタイプで『あの厩舎だけには行きたくない』というのが他厩舎のスタッフの間では共通認識なんだとか。人付き合いもできないとのこと。

また、もうすぐ今年引退の調教師らによるゴルフコンペが行われるようですが、引退調教師の中にXの師匠がいて、その兼ね合いで出席することになったものの『Xが来るならいかない』という他の調教師が数多くいたとか……本当に嫌われているようです」(現場記者)

JRAイチの「嫌われ者」調教師の独裁っぷりがヤバすぎる……トレセンで評判最悪、新所属騎手も「渋々」?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!