NEW

パチンコ「名機」新機種登場も「裏切り行為」にファンうんざり!? 「激辛スペック」頻発で「看板コンテンツ」為す術がなしか……

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチンコ「名機」新機種登場も「裏切り行為」にファンうんざり!? 「激辛スペック」頻発で「看板コンテンツ」為す術がなしか......の画像1

 スペックを機種名にした『CR ALL2025 with 100』、甘デジにもかかわらず一撃3000個、また強力なループを搭載した『CRモンキーターン4』など異色のパチンコ機で定評あるメーカー西陣

 そんな歴史ある老舗メーカーから、往年の名機が進化を遂げて登場する。

 それが、花満シリーズ最新作である『CR金の花満開ZAST』だ。

 本機は1993年にデビューを果たし、これまで10機種以上ものシリーズ機が登場。同社が誇る看板コンテンツの1つだ。

 スペックは、大当り確率1/319.69のV確ST機。確変突入率はヘソで33%とハードルは高いものの、必ず1000個以上の出玉が獲得でき、時短100回が付与される良心的なスペックとなっている。

 一方、ST中は20%で通常時に転落してしまうが、全ての当たりがなんと2000個オーバー。場合によっては、大量出玉も夢ではない性能だ。

 そして演出面は、シリーズを踏襲したシンプルで分かりやすいゲーム性。液晶演出の他に、画面下部にはドット演出を搭載するなど、往年のファンから若いユーザー層にも受け入れやすい仕上がりといえるだろう。

 そんな生まれ変わった名機に対し、ユーザーからは「待ってました」「ドットあるのは嬉しい」と上々の反応。またキャッチコピーは「これぞ花満」と、本機に対するメーカーの自信は伝わってくる。

パチンコ「名機」新機種登場も「裏切り行為」にファンうんざり!? 「激辛スペック」頻発で「看板コンテンツ」為す術がなしか……のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!