NEW

【中山記念(G2)展望】エアスピネル回避で新「マイル王」ペルシアンナイト1強!? 「女王2騎」など豪華メンバーで春競馬が開幕!

【この記事のキーワード】

, ,

【中山記念(G2)展望】エアスピネル回避で新「マイル王」ペルシアンナイト1強!? 「女王2騎」など豪華メンバーで春競馬が開幕!の画像2※画像:アエロリット『競馬つらつら』より

 前走のエリザベス女王杯(G1)では、最後の直線で伸び切れずに5着。2200mはやや長かったのかもしれない。3歳秋には2000mの秋華賞(G1)を勝利しているが、本馬が世界的な評価を受けたのは昨年のドバイターフ(G1)だった。

 初の海外挑戦のハンデを跳ね返したレースぶりも然ることながら、破った相手がその後に世界各国でG1制覇。ヴィブロス自身はその後半年ほど休養に充てていたが、ライバルたちの活躍によって評価は上がり続けた。今春もここを使って、ドバイターフで連覇に挑む予定だ。

 ただ、気になるのは昨年も中山記念に挑んだものの、結果は5着。前走時+10kgと仕上がり途上は明らかだった。今年も同じように内田博幸騎手を手配してステップレースに挑むようだが、果たして”本気度”はどの程度か……。

 開幕週で前が止まらないなら、昨年のNHKマイルC(G1)の覇者アエロリット(牝4歳、美浦・菊沢隆徳厩舎)は驚異の存在となりそうだ。

 昨年は桜花賞(G1)まで勝ち切れない競馬が続いたが、NHKマイルで牡馬を蹴散らして戴冠。史上5頭目の牝馬による3歳マイル王の座についた。ただ、この馬の評価が大きく上がったのはG1勝利ではなく、夏のクイーンS(G3)だ。

 好スタートから楽にハナを切ると、そのまま後続を全く寄せ付けずに勝利。歴戦の古馬を相手に楽勝したレースぶりが評価され、続く秋華賞(G1)では1番人気に支持された。ただ、本番では重い馬場に脚をとられて7着に惨敗。今回は巻き返しの一戦となるが、開幕週の綺麗な馬場は、この馬と主戦の横山典弘騎手に味方しそうだ。

 これら3頭と実績面では劣るが、中山だけに怖い存在なのが中山金杯(G3)で2着したウインブライト(牡4歳、美浦・畠山吉宏厩舎)だ。

【中山記念(G2)展望】エアスピネル回避で新「マイル王」ペルシアンナイト1強!? 「女王2騎」など豪華メンバーで春競馬が開幕!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!