NEW

JRA春の主役(?)クリンチャー陣営「海外遠征」に色気? しかし「鞍上」は確実にチェンジか……

【この記事のキーワード】, ,
JRA春の主役(?)クリンチャー陣営「海外遠征」に色気? しかし「鞍上」は確実にチェンジか......の画像1

 先日の京都記念(G2)を、レイデオロやモズカッチャン、アルアインらG1ホースを相手に勝利したクリンチャー。もともと中長距離で期待をされた同馬だが、今後の目標は天皇賞・春ということでさらなる飛躍を見据えている。

 同世代のトップ強豪相手に勝利した事実は大きく、宮本博厩舎としても自信を深めたに違いない。レース前から「目標は天皇賞」と語っていたようだが、言葉通りG1制覇に「王手」をかけた。

 すでに次走が3月の阪神大賞典(G2)に決まっているクリンチャー。菊花賞以来の3000mを今一度経験してから本番へ、ということか。もしここで勝つようなら天皇賞では人気の一角となるに違いない。

 そして、すでに陣営は”その先”をも見据えているようで……。

「京都記念の勝利によって『海外遠征』も陣営は意識しはじめた、という情報があります。長距離適性や重い馬場でこそ力を発揮する点は、確かに欧州のパワーのいる馬場が向いているかもしれません。有力馬が少ないディープスカイ産駒の星として海外に打って出る、というのはロマンがあります」(現場記者)

 一気にこの春の主役応保に躍り出たクリンチャー。陣営が国内を飛び越えた活躍を願うのも当然といえるか。

 ただ、やはり気になるのは、もし仮に海外遠征した際の「鞍上」である。

JRA春の主役(?)クリンチャー陣営「海外遠征」に色気? しかし「鞍上」は確実にチェンジか……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊のイメージを「完全払拭」したキタサンブラック、最強候補イクイノックスも証明した「キャラ変」の決定打とは
  2. JRA「異常事態」の戦犯はC.ルメール!? 波乱続きの今年の重賞戦線、実はとんでもない「裏切り」記録が継続中だった
  3. JRA C.ルメールと横山武史が「バチバチ」の潰し合い! 真打ち登場に揺れる砂上の楼閣、首位陥落は時間の問題か
  4. JRAファンから「ルール改正」望む声も噴出した不運、「4度目の正直」で念願叶った実力馬とは
  5. JRA 関東リーディングのトップ5で「一家独占」が発生!? 同姓ゆえ起こったファンの思わぬ「勘違い」とは
  6. JRA「6馬身差」レコード勝ちはイクイノックス以上!? 「知らなきゃ損」の密かな出世レースに超大物候補が満を持して登場!
  7. JRA 3年間「未勝利馬」が武豊に替わって7馬身差圧勝…かつての関西ホープ騎手に突き付けられた「厳しい現実」
  8. JRA「僕のお気に入り」武豊が惚れ込んだ怪物が古馬になって本領発揮!? 復帰初戦はレジェンドの「相馬眼」にかけて負けられない戦いか
  9. JRA「枠入り不良&玉砕暴走」にファンから大ブーイング!? シルクロードS(G3)天敵の引退で追い風吹く「お騒がせ馬」に注目!
  10. JRA 1年で一番面白いレースは根岸S(G3)!? フジテレビ名物実況・青嶋アナの「神実況」と競馬大好き人気芸人も愛した「鬼脚」牝馬