NEW

横山典弘騎手「モテモテ」ぶりにアエロリット陣営も焦り!? 重賞連勝ミスパンテールら「四股状態」ヴィクトリアマイル(G1)の鍵を握る男の決断は?

【この記事のキーワード】

, ,


 そのローズSでは、絶妙なペース配分でレースを支配。最後はラビットランの末脚に屈したが、強敵相手に2着を確保する上々の結果だった。今年は同コンビで洛陽S(OP)に出走したものの10着と、ある意味横山典騎手らしい大敗。ただ、次走は中山牝馬S(G3)が予定されており、関東に遠征する分、コンビ継続の可能性は高そうだ。この馬も春の目標はヴィクトリアマイルが濃厚だろう。

「これら3頭は昨年のチューリップ賞で掲示板(5着以内)に載っていた素質馬ですが、ミスパンテールが四位洋文騎手、ミリッサが福永祐一騎手、カワキタエンカが和田竜二騎手とすべて関西の一流騎手が主戦になっていました。

その後、横山典騎手がワンチャンスをしっかりモノにしてお手馬にしているのですから、栗東営業の賜物といえる結果でしょう。今週のアエロリットも春はヴィクトリアマイルが目標ですし、今後”モテモテ”で二股ならぬ”四股状態”の横山典騎手がどの馬を選ぶのかは大注目ですね」(競馬ライター)

 とはいえ、実績では昨年のNHKマイルCを制し、古馬相手にクイーンS(G3)勝ちもあるアエロリットに一日の長がある。

 管理する菊沢隆徳調教師は、横山典騎手とは義兄弟の間柄。牡馬を見ても今年のAJCC(G2)で2着したミッキースワローや、東京新聞杯(G3)で3着したダイワキャグニーなど厩舎の看板馬を尽く横山典騎手に託しており、その関係性はやはり深い。順当に行けば、ヴィクトリアマイルの”本妻”候補といえるが……。

 ただ、ここに来て急激に横山典騎手との関係を深めている厩舎がある。それこそがミスパンテールを管理する関西の昆厩舎だ。

横山典弘騎手「モテモテ」ぶりにアエロリット陣営も焦り!? 重賞連勝ミスパンテールら「四股状態」ヴィクトリアマイル(G1)の鍵を握る男の決断は?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!