NEW

弥生賞(G2)ダノンプレミアムに「三冠馬ナリタブライアン」級の期待。異次元の強さを誇る2歳王者にとって今回が「皐月賞よりも危険」な理由

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
danonjbis.jpgダノンプレミアム(JBISサーチ公式サイトより)

「出るレースはしっかり仕上げて、全て勝ちたい」

 今年1月末に行われたJRA賞の授賞式。管理馬のダノンプレミアムで最優秀2歳牡馬を獲得した中内田充正調教師は、そう決意を新たにした。無論、それは最高勝率調教師を受賞した者としての責任を示す言葉でもあったが、同時に異次元のレースで世代の頂点に立った若きエースの「無限の可能性」に期待するからこそ出た言葉でもあったはずだ。

 ただ、師からそんな言葉が飛び出すのも不思議ではない。昨年末に行われた朝日杯フューチュリティS(G1)は、ただただダノンプレミアムと他馬との「明確な力の差」が浮き彫りになったようなレースだった。

 1枠1番という好枠から好スタートを決めたダノンプレミアムは、主戦の川田将雅騎手にやや促されると先頭を窺わんとするような抜群の加速を見せた。やや掛かり気味になりながらも行きたい馬を行かせる形のまま好位で折り合うと、最後の直線では集団からあっさりと抜け出した。

 先頭に立つのが早すぎたこともあり、川田騎手から4発ほどムチが飛ぶ。それに応えるように見る見る後続を突き放すダノンプレミアム。その状況をターフビジョンで確認した川田騎手は残り150mを切った辺りで、もう追うのをやめていた。最後は相棒の異次元の強さを称えるように首筋を撫でながらゴール。

 記録した上がり3ハロン33.6秒はメンバー最速。走破時計は従来の最速を1秒以上更新するレースレコード。後続に付けた3馬身半差は1984年のグレード制導入以降、ナリタブライアンと並ぶ史上最大着差だった。

弥生賞(G2)ダノンプレミアムに「三冠馬ナリタブライアン」級の期待。異次元の強さを誇る2歳王者にとって今回が「皐月賞よりも危険」な理由のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!