NEW

パチンコ「静電気」で全て消滅する”不具合”も存在!? 「サクラ大戦3」「信長の野望」相次ぐパチスロの致命的「バグ」現象

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチンコ「静電気」で全て消滅する不具合も存在!? 「サクラ大戦3」「信長の野望」相次ぐパチスロの致命的「バグ」現象の画像1

 パチンコ・パチスロは、ゲーム機やパソコンと同様に精密機器であるため、不具合は当然のように発生します。

 以前、ニュースでも大きく取り上げられた『パチスロサクラ大戦3』の誤作動は、ホールにとって最も利益率の高いパチスロの「設定1」でさえ大赤字となりました。ホール側は稼働を停止し全台撤去。メーカー側は代替機の交換、稼働停止1日当たり3000円の補償を行うなど、双方ともに甚大な被害を受けたのでした。

 そして、このようなパチンコにまつわるバグは他にも多く存在しています。

 そこで今回は、ファンの間で話題を呼んだ”不具合機種”を再び取り上げたいと思います。

液晶上が「準備中」のまま……

 業界大手サミーから2014年に販売された人気コンテンツ『パチスロ蒼天の拳2』では、パチスロにおいて致命的なバグが発生しました。

 それが、液晶画面上に「画面準備中」との表示が出て”そのまま”になってしまうという不具合です。あいにく、押し順ナビは筐体ランプで把握できるため、出玉を増やすことは可能でしたが……。

パチンコ「静電気」で全て消滅する”不具合”も存在!? 「サクラ大戦3」「信長の野望」相次ぐパチスロの致命的「バグ」現象のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!