NEW

ディープインパクトJRA種牡馬時代終了の超下降成績……弥生賞(G2)の「ディープ三羽烏」も危険?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ディープインパクトJRA種牡馬時代終了の超下降成績......弥生賞(G2)の「ディープ三羽烏」も危険?の画像1

ディープインパクト

 競馬ファンでなくても誰もが耳にしたことはあるであろう、押しも押されもせぬJRA史に残る名馬である。

 現役時代は武豊騎手とのコンビで無敗の三冠馬となり、14戦12勝とほぼ完璧な成績で2年連続年度代表馬に選出。引退後は種牡馬となりジェンティルドンナを筆頭に多くのG1馬を輩出し、産駒のG1レース勝利数は日本ダービー3勝を筆頭に国内40勝、そしてフランス、ドバイ、香港など海外でも6勝と圧倒的だ。その産駒は日本最大の競走馬の競り市であるセレクトセールで5億8,000万円の値が付くなど破格の評価を受けており、またその種付け料は2010年は900万円だったが、18年には世界最高額となる4,000万円に高騰するほど。種牡馬としても12年から17年まで6年連続でJRAリーディングサイアーを獲得、その成績は2位のキングカメハメハに圧倒的な差を付けており、まさに向かうところ敵なし状態であった。

 しかしそのディープインパクトの勢いに陰りが見えている。社台グループをよく知る関係者はこう話す。

「今年はディープインパクト産駒がイマイチです。イマイチというより全然勝てていません。重賞はフェアリーステークスを勝ったプリモシーンのみ。今年から種付け料を4,000万円に上げただけに、これは期待はずれと言われても反論できません。弥生賞には期待の馬も出走するので、そこで頑張ってほしいところですが」

 確かに今年のディープインパクト産駒はあまり活躍していない。2月が終わった時点で勝利数は30で年間180勝ペース。昨年の251勝と比較すると出走回数は昨年と同じペースなだけに、明らかに不振だ。実際に勝率9.1%は昨年の12.4%より27ポイントほどダウンしており、連対率も含めて過去最低の水準となっている。

ディープインパクトJRA種牡馬時代終了の超下降成績……弥生賞(G2)の「ディープ三羽烏」も危険?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!