NEW

パチンコ業界「天敵政治家」登場で万事休すか…… 「みなし機」「三店方式」業界”闇”に切り込む「国会議員」の存在

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「パチンコ業界の問題点に切り込む議員として有名ですね。今月には、『みなし機』問題について内閣に質問書を提出。その主な内容は、みなし機に関する法的な取り扱いが示されていないことについてです。検定・認定の有効期間が切れた『みなし機』は『著しく射幸心をそそるおそれのある遊技機』となり、有効期間切れのパチスロ機を用いた営業は法令違反になるのでは、と指摘。つまり、期限切れのパチスロは早く撤去すべきということですね。

これらの機種はホールでまだ見かけますし、必要とするパチンコ店は多く存在しているでしょう。高井議員が指摘した内容が実施されれば、間違いなくホールは大打撃。『みなし機』撤去後の代替機種を買わなければなりませんからね。売上に貢献できる機種かどうか分かりませんし被害は甚大と思われます。そうした意味でも、高井議員を良く思うパチンコ業界の人は多くはないでしょうね。

ただ、高井議員の指摘は決して間違っていないという声もあります。『業界が目を背けたい内容に触れているだけ』と支持するユーザーは多いですよ」(記者)

 この他に、高井議員はパチンコ店と景品交換所の関係性を指摘し「三店方式」について質問書を提出したこと過去もある。まさに業界にとって”天敵”のような存在だ。

 圧倒的にパチンコ擁護議員が占める政界といえ、それに立ち向かう高井議員の影響力は大きいだろう。業界の問題点を改善しているという見方もできるが……規制を向かえた今「そっとしてほしい」とパチンコ業界は思っているのではないか。
(文=編集部)

パチンコ業界「天敵政治家」登場で万事休すか…… 「みなし機」「三店方式」業界”闇”に切り込む「国会議員」の存在のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!