NEW

パチンコ出玉規制に「実は余裕」発言? 関係者が見据える「3年後」は明るい!?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチンコ出玉規制に「実は余裕」発言? 関係者が見据える「3年後」は明るい!?の画像1

 1994年には約3000万人といわれていたパチンコ遊技人口だが、現在は約940万人と3分の1の水準にまで落ち込んでいる状況。未だ20兆円を超える市場規模を誇ってはいるが、現在のパチンコ業界に「30兆円産業」と呼ばれた頃の勢いは感じられない。

 そのような状況下、追い打ちをかけるように2月からは出玉規制が開始。業界規模のさらなる縮小は確実視されており、消滅の可能性を指摘する声もあるが……。

「キツくなることは間違いありませんが、そこまで悲観的には考えていません。ファンが0になるとはないでしょうからね。我慢比べのような感じでしょうか。私たちがやることはパチンコの付加価値を上げるために、どんなサービスを提供できるかだと思います。

お客様に『また来たい』と思ってもらうために『何をするか』でしょう。その一つが接客ですよ。楽しく遊べる環境がある限り、極端なファン離れは防げると考えています。

もちろん設置機種も重要です。その点に関しては、お客さんが『何を打ちたいのか?』に注目していますね。『シンフォギア』を打ちたいなら60万円を出して買いますよ。『天龍』のようなギャンブル台が好まれていることには驚きましたが、導入するべきだと思いましたね。

中古機価格を見て『何でこの台が?』と思う機種もありますが、求めるなら期待には応えたいというスタンスです。実績がある台を導入することが、今は重要だと思います」(ホール経営関係者)

パチンコ出玉規制に「実は余裕」発言? 関係者が見据える「3年後」は明るい!?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!