NEW

政府「パチンコを潰す?」発言は何処へ…… 国会答弁「賭博罪に該当せず」も過去には「換金禁止」を検討していた?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
政府「パチンコを潰す?」発言は何処へ...... 国会答弁「賭博罪に該当せず」も過去には「換金禁止」を検討していた?の画像1

 
 パチンコ業界が抱える問題、そして多くの日本人が疑問に感じていることはパチンコが「賭博か否か」である。

 業界はあくまで「パチンコは遊技」とし、賭博罪に該当する「偶然性のある行為」はないと主張。ここでいう「遊技」とは、パチンコでいえばプレイヤーが自らハンドルを捻って玉を発射する行為。パチスロではボーナス図柄を自身で揃えるということだ。そのため、ホールはパチンコの「ハンドル固定」や店員による「目押しの補助」を徹底的に禁止している。

 しかし、パチンコの経験がない人からすれば金品を賭ける以上、「遊技」であるかは知った事ではない。場合によっては1日で10万円近くを損失することもあり、「パチンコ=賭博」と認識することはごく自然の流れである。

 そんな「パチンコの賭博」問題について2月9日、民進党の真山勇一参議院議員が政府に質問主意書を提出。ギャンブル等の定義の他、「パチンコ営業が刑法上の賭博行為にあたるのでは?」などが主な質問内容であった。

 そして同月20日、政府はこの質問対し「パチンコは刑法第185条(賭博罪)に該当しない」と返答。客の射幸心を煽らないよう法律に基づいた必要な規制(出玉規制)を行っていることが該当しない理由の1つのようだ。

 また、このようなやり取りは昨年にも行われており、パチンコ業界にとっては「これでまた一安心」といえる答弁だっただろう。

 しかし昨年12月、今回の「答弁内容」とは”真逆”の発言があったことをご存知だろうか。『アサ芸プラス』(徳間書店)が報じた、業界そのものを脅かしたあのニュースだ。

政府「パチンコを潰す?」発言は何処へ…… 国会答弁「賭博罪に該当せず」も過去には「換金禁止」を検討していた?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!